基礎知識

スポンサーリンク
動画/写真

Premiere Proで編集するのに動画をカットするやり方

偉そうなタイトルですが、僕が知っている動画のカットや詰め方を解説していきます。 TL(タイムライン)に配置した後も、配置する前にも動画の長さ(尺)を変えたり、音楽や音声も同じように編集することができます。 それでは動画編集のかなめである...
NO IMAGE 許可・申請

イベント会場上空を飛行または空撮するさいのポイント

改正航空法の飛行ルールでは無人航空機の飛行方法として6つの飛行方法を定めています。このページではイベント会場上空(祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行)を飛行させる際のポイントを解説していきます。 飛行ルールで定めている6つの飛...
規制エリア

iPhoneでドローンの練習場所を探すならドローンフライトナビがおすすめ

日頃ドローンの練習をするのに、包括許可があれば場所を選ばず安全に配慮して練習ができます。許可をとっていなければ、自分で場所を探すしかありません。 今いる場所が規制エリアかどうか、スマホ1つで手軽に調べる方法を紹介します。 ドローンを...
コラム

ドローンの使うリポバッテリーは間違った取扱で発火する?正しいリポバッテリーの取り扱いを!

ドローンはバッテリーで飛んでいますが、使われているバッテリーの扱い方を間違えると、最悪の場合発火してしまうこともあります。 使われているバッテリーは、リポバッテリー(LiPo・Li-Po・リチウムポリマー二次電池)といい、充電方法や保管方...
NO IMAGE 許可・申請

飛行許可・申請関連のまとめ

正直なとこと国土交通省のWebサイトを見ても、ドローンを飛行させるためにはどんな許可が必要なのか、いまいちわかりづらいですよね。もちろん趣味での飛行申請も可能ですが、やはり業務での許可を取得して空撮や農薬散布などドローンならではの利用がメイ...
コラム

本当に必要?ドローンを飛ばすのに必要な免許や資格と必要性

ドローンは規制があっても誰でも飛ばすことが出来るって知ってましたか? ドローンを飛ばすには難し”規制”があって、どれを買えば良いのかよくわかりませんよね?都心部でも室内練習場などで飛行練習は出来ますし、郊外に出れば1番の規制エリア(人口密...
コラム

規制対象の重さ200g以上のドローンも許可無しで飛ばすことができます

ドローンの規制って正直よくわからないですよね。まずは練習しないとうまくなりませんが、「まずは練習と思ってもどれを買っていいかわからない。。。」となってしまいます。 ドローンを選ぶ際に1番のポイントとなるのがドローン本体の重さです。一口...
スポンサーリンク