200g未満のドローンを飛ばすことが出来るエリアと条件

基礎知識

200g未満のドローン(無人小型航空機)は規制対象外だという意見もあるようですが、実際には規制対象なので飛行できない条件や場所をまとめました。

200g未満のドローンは改正航空法による規制はうけませんが、その他の一般的な法律や、従来の航空法の規制は受けますので、「200g未満だからどこでも飛ばせる!」などと思わずに飛行ルールを守らないと、ますます規制が厳しくなり趣味での飛行が楽しくなくなってしまいます。

200g未満の無人小型航空機の規制

実は200g未満のドローンは航空法では無人航空機にふくまれません。しかし、航空法やその他条例などで規制されている部分もあるので、やはり気軽に飛ばすということは気をつけたほうが無難です。

  1. 空港周辺部(管制エリア)
  2. 高度150m以上の空域
  3. 夜間飛行
  4. 目視外飛行
  5. 公園や催し物の上空
  6. 危険物の輸送、貨物の投下

空港周辺部を地図上で確認するには、国土地理院地図の他スマホアプリなどでも確認することができます。

関連:200g以上のドローン飛行規制エリアの確認方法

ここで挙げた以外にも警察の規制や、都道府県庁や市区町村の条例がある地域もあるので、個別に作成します。

改正航空法以外のドローン関連規制

ドローンの定義へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で