飛行ルールの基礎知識

ドローンで空撮したり、ドローンを仕事にしたい場合には、ドローンの規制とドローン自体のことも知っていなくてはなりません。ドローンにまつわる法律や機体ことを知ることで、事故を未然に防ぐこともできるんです。

まずはドローンの飛行ルールについて解説していきます。

ドローンとは

英語のDroneには雄のハチや、怠け者などの意味もありますが、当サイトでいうDrone(ドローン)は小型無人機、小型無人航空機の総称となっています。

日本で言うところのドローンは、無人航空機の一種で3個以上のローター(プロペラ)で飛行する人が乗ることが出来ない航空機で、マルチコプターとも呼ばれます。操作方法は無線方式やプログラムによる操作によって、目的地へ飛ばしたり貨物を運ぶ目的のドローンの開発も進められています。また、最近では潜水艦のように水中を自由に動き回れる水中ドローンなるものも登場し、この分野がますます活気づいています

無人航空機は機体の重量で規制が分けられていて、気軽に買って練習するなら200g未満のホビードローンと呼ばれる小型のものをオススメします。

ドローンは機体重量で分けられる

重量によって規制されるエリアが出てきますから、購入する場合は機能以外にも重さが重要なんです。

200g未満のドローンを飛ばすことが出来エリアと条件

200g以上のドローン飛行規制エリアの確認方法

 



飛行ルール

200g以上のドローン(無人航空機含む)は改正航空法によって飛ばせる場所が規制されています。

改正航空法による規制

200g未満のドローンと200g以上のドローンの両方にかかってくる規制があり、その幅は広くカメラなどで空撮してネット上に公開する場合には、肖像権なども考慮する必要があります。

航空法以外の規制

トップページへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で