グラボを2枚挿しすれば性能は上がるが注意点もある!

グラボを2枚挿しすれば性能は上がるが注意点もある!

動画編集をする上でかかせないグラフィックボードですが、実は2枚挿してパワーアップさせることができるんです。しかし、どんな組み合わせでもできるわけじゃなく、GPUコアやVRAMメモリが条件にあってないと使うことはできません。また、SLIやCrossFireに対応したソフトじゃないと、性能が上がらず低下してしまうことも。

それではグラボ2枚挿しの条件や、どんなパーツを使えばいいのか解説していきます。

ちなみにRadeonシリーズはもともとATiという会社が作っていましたが、現在はAMDが買収し販売をしています。

マウスコンピューター/G-Tune

グラフィックボードを2枚挿してグラフィック性能を上げる方法

上でも書きましたが、条件が揃わないと使えないし、ソフトの対応状況やPCパーツなどにも注意が必要。そういった諸々の条件などをくわしくしていきます。

最初におさえておく注意点

グラフィックボードを2枚挿して使う時に注意したいのが

  • 使用するアプリケーションがSLIに対応しているのか?
  • 性能はどれくらい上がるのか?

SLIで高速化するといっても万能なわけじゃない。性能が上がると言っても1枚で使うのとくらべ、1.3~1.5倍程度しか上がりません。また、RTX 2060を2枚挿したからといって、RTX 2080tiには遠く及ばない性能しかでません。

もうひとつ、使うソフトがSLI未対応のケースだと、グラフィック性能が落ちることもあります。

コストパフォーマンス的にはあまり良くないため、予算が十分にある場合やフリーランスが仕事で使う場合など、どうしても速度を出したい場合以外は積極的におすすめできるものでもありません。どうしても高性能なグラフィックを求めているかたのみ読み勧めてください。

GPUを2つ使いNVIDIA SLIを使う条件

グラフィックボードはNVIDIAがシェアの大半をしめているため、用語関係はNVIDIAで統一していきますが、AMDのグラボでもCrossFireというもので2枚挿しできる。用語として読み替えていってください。また、下記の条件は最低限の知識なので、本格的に導入する場合は次項と合わせて読んでくださいね。

2枚挿しで使うために必要なもの

  • GPUチップとVRAMが同じグラボを2枚
  • SLI対応マザーボード
  • SLIブリッジ
  • グラボを2枚使うのに十分な電源

条件としては上記で問題ありませんが、ひとつでもかけるとSLIを使えなくなるから、手持ちのグラボとマザボをチェックしておきましょう。エントリー向けのマザーボードじゃないかぎりは、PCIe×16がひとつ以上あるので、殆どの場合はグラボの2枚挿しに対応していると思ってもらって問題ありません。

もうひとつ注意しておきたいのが電源ですね。グラフィックボードはただでさえ電気をくうから、最低でも700W以上、心配であれば1000Wの電源を積んでおけば間違いありません。通常は850Wていどの電源を使います。

さらに細かい条件がある

ざっくりとは今までの説明でOKだけど、もっと細かい条件を解説していきますね。せっかく自作パーツを購入してもSLIが使えない…なんてことにならないよう、心配ならしっかりと予習してからパーツ購入をしましょう。

  • GPUチップとVRAM容量を合わせる
  • 同じメーカーの同じ製品なら間違いない
  • SLI接続端子がないとダメ

GPUチップとVRAMの容量があった2枚のグラボを使わないと、2枚挿してSLIブリッジで接続して作動させる。

  • SLI対応マザーボード
  • SLIブリッジケーブルで接続
  • NVIDIAでもAMDでも2枚挿しできる
  • NVDIAがSLIでAMDの場合はCrossFire

SLI対応マザーを探す方法は、PCIe ×16が2箇所以上あることで判別できるが、間違いないのはマザーボードのメーカーサイトを見に行くこと。マザーボードの仕様でNV-Link SLIまたはCrossFire対応をしているか確認すること。

NV-Link SLIに対応したグラフィックボードの見分け方はかんたんで、SLIするためのブリッジコネクタの有無で確認することができます。RTXシリーズで言えば2080以上の製品で、GTXでは1070以上の製品がSLIに対応している。

ちなみにRTX20シリーズ以降はNV-Linkと呼び、GTX10シリーズ以前はSLIという名称で呼ばれています。NV-Linkは2Way(2枚挿し)まで、SLIの場合は4Way(4枚挿し)まで対応しているので覚えておこう。グラボの性能はVRAM容量に比例するので、4枚挿しできるGTXシリーズのほうが大量のVRAMを確保できるのは言うまでもない。

そのぶん大容量の電源と電気代に悩まされますがw

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

おすすめなパソコンはデスクトップですが、BTOショップはノートPCも販売しているから、どうしても持ち運びしたいならノートを選ぶのもあり。しかし、デスクトップで30万円前後のPCと同等のものを探すなら、ノートPCだと50万円くらいは覚悟したいところ。

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-DGZ530H4-M2S5

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックスGeForce® RTX 2060 SUPER™
  • メモリ16GB PC4-19200(カスタマイズで32GB以上にスペックアップするのがおすすめ)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

DAIV-DGZ530 iconはクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

パソコン工房のクリエイター向けモデル

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックス GeForce® 2080 Ti
  • メモリ32GB(16GB×2)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

パソコン工房のSENSE-R041-i9K-XYX-CMG [CG MOVIE GARAGE]はCAD向けのBTOパソコンですが、スペック的には動画編集で満足の行くPCとなっている。価格も税込み30万円なので、グラボが最上級のわりには価格が控えめなのが嬉しいポイント。さらにメモリを増設し64GBにすれば、動画編集において不満点はほぼ無いかと。

パソコン工房で探してみる

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました