DID地区(人口密集地区)・空港管制エリア(飛行禁止空域)を調べる方法

国土地理院の地図で調べる

パソコンを使って国土地理院の地図で飛行禁止エリアを調べることができます。この地図を観覧する時にスマホで見ると、メニューが画面の半分以上を占めてしまうため、スマホからではなくパソコンがおすすめです。

国土地理院地図の使い方

地理院地図(外部サイト)

小型無人機等の飛行禁止法による飛行禁止エリア一覧

jSTAT MAPを利用した確認方法

利用するには無料の登録をすることで、独立行政法人の統計データを地図上で確認することが出来るよになります。この地図では人口集中エリアの確認が行えますので、自宅近辺の状況や飛行可能エリアを確認するのにうってつけです。

また、トライアル版であれば利用申込をしなくても使えるので、使用感などをみることもできます。人口密集地の根拠となっているデータなので、おさえておきたいマップのひとつです。

jSTAT MAPサイト(無料で利用できます。)

jSTAT MAPの利用方法(外部サイトPDF)

DJI社のフライトマップを使って確認する

DJI社のWebサイトでもドローンを飛行させるために許可が必要なエリアを確認できます。スマホから見る場合にはこちらのマップを使うほうが見やすいと思います。また、DJI社のドローンに搭載している「No Fly Zone」というDJI GOアプリを使って、DJI独自の飛行禁止エリアでドローンのモーターを制御するためのアプリで飛行禁止となるエリアを確認するための地図でもあるので、DJIのドローンを持っている方であればブックマークなどですぐに確認できるようにしておきましょう。

DJIのフライトマップ

DJI GO--For products before P4

DJI GO–For products before P4
開発元:DJI
無料
posted with アプリーチ

DJI GO 4--For drones since P4

DJI GO 4–For drones since P4
開発元:DJI
無料
posted with アプリーチ

スマホアプリのAIR MAPを使う

このアプリを使うとタップした地点の規制が一覧で表示されるので、ドローンを持って出かけた際には非常に便利なアプリとなっています。

AirMap

AirMap
開発元:AirMap, Inc.
無料
posted with アプリーチ

iPhoneならドローンマップが素晴らしい

このアプリは飛行制限区域や飛行可能時間帯(日の出から日没を表示)したり、空港なども網羅していてはじめていく場所などは検索からも現地を確認することができます。また、航空写真にも切替可能でさすが国産アプリと言ったところでしょうか。

今のところイチオシのアプリで、ドライブの途中などにも飛行場所を探せるのがイイですね。

関連:iPhoneでドローンの練習場所を探すならドローンフライトナビがおすすめ

ドローンマップ - 飛行制限区域・空港確認地図

ドローンフライトナビ – 飛行制限区域・空港確認地図
開発元:Keishi Ishimura
無料
posted with アプリーチ

ここで掲載しているのはあくまでも人口密集地による規制だけなので、こちらのページも合わせてお読みください。

参考ページ:200g未満のドローンにも適用される改正航空法以外の規制

トップページへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で