DIPSでの飛行実績報告

報告者情報

この項目では申請者の企業・団体名 と申請者氏名、報告の種類がありすべての項目が必須になっていますが、申請者の企業名と氏名にかんしては入力できないようになっています。DIPSで申請するときに申請した企業名や操縦者名が入るようになっています。

また、個人で申請している場合には申請者の企業名・団体名の入力は不要となります。

飛行実績報告の種類は以下になります。

  • 許可承認日から3ヶ月後の実績報告
  • 許可承認日から6ヶ月後の実績報告
  • 許可承認日から9ヶ月後の実績報告
  • 許可承認期間終了後の実績報告

3ヶ月未満の申請には飛行実績の報告は必要なく、また最大でも1年間なので期間終了の報告は許可日から12ヶ月めの報告となっています。

飛行実績情報

飛行実績情報とは無人航空機の許可番号のことで、プルダウンメニューから選択すれば終了です。

添付情報

この項目で飛行実績報告書のxsl(エクセルファイル)などを添付することで実績の報告をする項目になっています。また、地域包括申請(全国包括含む)ではなく飛行経路を限定した長期間の許可の場合には、飛行場所の地図も添付するようになっています。

DIPSはインターネットを活用した電子申請なので、このようにパソコンで作成したデータを送信して報告をおこないます。

飛行実績の飛行の日時や場所を報告する際にはこれらのファイル形式で受け付けてもらえます:xls、xlsx、doc、docx、pdf、jpg、png、gif

飛行実績報告書の書き方はこちらのページを参考にしてください。
参考:飛行実績報告書の書き方と出すタイミング

DIPS解説トップへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で