DJI GO 4の使い方

このページではDJI GO 4の使い方を解説していきます。使用するドローンによって設定などは変わってきますが、僕の持っているMavic Airを例にして解説をすすめていきます。

空撮向けの機体と撮影設定

空撮する上で設定によって操作感が変わってきます。一言で設定と言っても、機体の設定、ジンバルの設定、カメラの設定と複数の要因が絡んでくるんですよね。

アプリの機能で撮影する

DJI GO 4には様々な機能があり、タップするだけで自動的に撮影したり、コントローラーを使わずに動かしたりと機能がありすぎるので、それぞれ個別に解説していきます。

クイックショット

様々な撮影をワンタップで行う撮影法で、ドローンに被写体を認識させれば自動的に飛行しながら撮影してくれます。SNSなどで旅行記をシェアするときなどにも使えるので、InstagramやTwitterに投稿するのにとても便利な機能になっています。

DJI Mavic Air QuickShot クイックショット サンプル動画

アクティブトラック

DJI Mavic Proの追尾機能がすごい!2 アクティブトラックテストactive track test空撮ドローンdrone

スマートキャプチャー

Sparkでは”パームコントロール”と呼ばれていた機能で、Mavic Airではより機能が強化されスマートキャプチャーと名称が変更されました。手のひらをドローンが認識し、手の動きだけでドローンを操作できるようにしたモードとなります。

Mavic ProやPhantomにはジェスチャーモードという自撮りできる機能が搭載されています。

DJI MAVIC AIR SmartCapture(スマートキャプチャー)屋外編

撮影モード

タップフライ

ほんとは教えたくない空撮テクニック!フリータップフライで自由度の高い自動飛行

タップフライも自動飛行の一種で、”フォワード” ”リバース” ”フリー” ”座標”の4つのモードが有ります。タップした場所へドローン自身がコントロールして飛行してくれるので、カメラジンバルの操作に集中できます。

DJI GO 4ではウェイポイントと呼ばれる複数のポイントを設定する自動飛行が出来ないため、タップフライを組み合わせて撮影する必要があります。

タップフライの使い方
タップフライを使えば操作に慣れていなくてもスムーズな飛行が可能だし、カメラの操作にも集中できます。しかし、ドローン自身が判断して飛行するので障害物や航路には十分に注意して設定する必要があります。タップフライで注意することFPVカメラ...

ポイント・オブ・インタレスト

被写体の周りをグルグル回っちゃおう【使い方】DGI GO 4でポイント・オブ・インタレストの撮影法

POI(ポイント・オブ・インタレスト)を使うことで被写体の周りを旋回しながら撮影できるようになります。機体の向きやカメラも操作可能なので、空撮のテクニックとしては初心者でも入りやすいものとなっています。

ドローン任せの自動飛行ならカメラワークに集中できるので、空撮動画のレベルアップまちがいなしです。

DJI GO 4でポイント・オブ・インタレストを使った自動飛行の使い方
POI(ポイント・オブ・インタレスト)を使うことで空撮のクウォリティが一気に上るし、ノーズインサークルでの撮影が気軽にできるのでカメラワークにも集中できるようになります。POIを効果的に使えば空撮のバリエーションが広がること間違いなしで...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で