ルミックスS1とS5でもBraw撮影ができるようになる

2021年4月のLUMIX Sシリーズのアップデートで、S1HにBraw(Blackmagic Raw)というRawファイルでの撮影ができるようになりました。その後6月23日にパナソニックが発表したファームアップで、S1とS5にもBrawで撮影できるアップデートが開始されるようだ。

詳しくはパナソニックの『フルサイズミラーレス一眼カメラ LUMIX Sシリーズの動画性能強化などのファームウェアアップデートのダウンロードサービスを開始』を見てほしい。

ファームウェアの配信は7月13日からなので、どういった条件でBrawを扱えるようになるのか、調べておいた範囲で記録しておく。

今回のファームアップは当サイト管理人も望んでいたアプデで、早く機材を揃えたいがお金が、先立つものがwww

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

LUMIX SシリーズでBrawを扱うために必要な機材

Blackmagic Video Assistを買いたいが踏ん切りがつかなかったところに、今回のファームアップで僕が所有しているS1がBrawに対応したので、買わない理由が無くなってしまった。

フルサイズミラーレス一眼カメラ LUMIX Sシリーズの動画性能強化などのファームウェアアップデートのダウンロードサービスを開始 | トピックス | Panasonic Newsroom Japan : パナソニック ニュースルーム ジャパン
パナソニック株式会社は、フルサイズミラーレス一眼カメラ LUMIX SシリーズのDC-S1 / S1R / S5において、動画性能などの機能向上に対応したファームウェアのダウンロードサービスを2021年7月13日(火)より開始します。 本サービスにより、多...

そこで、Brawで動画撮影するために必要なものを忘備録的に記録しておこうと思う。

Braw(Blackmagic Raw)とは、Blackmagicdesignが開発したrawコーデックで、従来のRawファイルにくらべファイルサイズが小さい。かといって従来型Rawファイルに取って代わるかもしれないビデオコーデックである。


詳しくは新登場、Blackmagic RAWを見てください。

LUMIX SシリーズでBraw録画に使えるレコーダー

LUMIX Sシリーズで.brawフォーマットで撮影する場合には、カメラ本体には保存できないので、外部レコーダーが必須になってくる。使用できるのは、Braw開発元のBlackmagicdesignが発売しているレコーダー内蔵の外部モニタだけです。

  • Blackmagic Video Assist 12G HDR
  • Blackmagic Video Assist 3G

Blackmagic Video AssistにはSDI入力が3Gのものと12Gのものがあり、3Gモデルは1080p60フレームまで、12G HDRが2160p60フレームまで対応している。また、12G HDRモデルはタッチスクリーン搭載なので、使い勝手も向上している。

カメラの外付けモニタにレコーダーが内蔵されているので、カメラが出力できればProResなどでも録画可能。

それぞれのモデルで5インチと7インチがあるが、手持ちで撮影することを考えると5インチでよさそう。

Blackmagic Video Assist | Blackmagic Design

Blackmagic Video Assistの12G HDRもでるを買うとして、一番安いのはamazonですが、僕はシステム5で買うかも。システム5はプロの映像クリエイター御用達のショップなので、アフターフォローも期待できるし、壊れた場合でも正規代理店なので安心して任せられます。

システム5の「Blackmagic Video Assist」の検索結果はこちら

.brawファイルを扱える動画編集ソフト

Premiere ProとDaVinci Resolveが存在しているが、ネイティブ対応しているのはDaVinci Resolveのみで、Premiere Proの場合はひと手間かかってしまう。

Premiere ProでBrawを扱うにはプラグインを使うしかないのですが、Vookで詳しく解説しているので、そちらの投稿を参考にしてもらいたい。(僕が書いたわけではない。)

PremiereProでBlackmagicRAWを使うガイド【決定版】 Part.1
**(12/1更新版)**![](などのBlackmagic製のカメラを持っているけど、BlackmagicRAW(以下.braw)収録したものをPremiereProで編集したい、というケースはあると思います。そこで今回は、PremiereProで.brawを編集に使う場合の現状とガイドラインをまとめてみました。(2...

おすすめはDaVinci Resolveのほうですが、まだSpeed Editorのキャンペーンがやっているようなので、購入も検討してみては?

数量限定キャンペーンで2021年末からやっているから、いつ無くなってもおかしくはない。4万円弱のDaVinci Resolveに4万円弱の動画編集用キーボードがついてくるという謎のキャンペーンですw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カメラ
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました