RTX 3080の登場で4K動画編集の敷居は確実に下がった

RTX 20シリーズを持っていないかたが動画編集用PCを買い換える場合には、RTX 30シリーズ搭載PCを選ぶべきです。4K動画編集といえばRTX 2080 tiを使わないとヌルっとしたプレビュー表示ができませんでした。しかもRTX 2080 tiは15万円前後と高額です。RTX 3080は10万円前後で登場する見込みだから、RTX 2080 tiより性能が上のグラボ価格が下がったことで、動画編集PCの敷居が実質下がったといえる。

僕の動画編集用PCの現在の構成は、Core i7 8700KにGTX 1080だったりする。このPCをCore i9 9900Kに入れ替えし、グラボをRTX 3070にするだけでもかなりのスペックアップとなる。

マウスコンピューター/G-Tune

RTX 3080を使ったおすすめの4K動画編集PCスペック

RTX 30シリーズは8Kを見据えたスペックとなっており、4K映像を主題にしていたRTX 20シリーズとは一線を画している。2020年9月現在でローエンドとなるRTX 3070ですら、性能でいったらRTX 2080クラスの性能を有している。

RTX 3090にいたってはTITAN RTX(タイタンアールティーエックス)に迫る勢い。

本当にグラフィックボードの選択は迷いますが、やっぱり予算から考えるのが妥当ですよねw(僕は予算以外では選んでいません。)中古のグラボも魅力的ですが、グラボの価格というのは性能比で相場が決まっているので、こんごRTX 2080 tiの中古価格はいっきに下がるでしょうね。

僕がいまRTX 3080でPCを新調するのなら、おおよそ下記のような構成にすると思います。

  • CPU:Core i9 10900K
  • GPU:RTX 3080
  • RAM:64GB(32GB×2)
  • 電源:850W
  • ストレージ:M.2 SSD(1TB)

OC(オーバークロック)は最近やっていないので、マザーボードのグレードを下げ予算を削るかもしれません。あとは、RTX 2080 ti同等ということは、実質ハイエンドGPUとなるので、Core XシリーズのCPUにしてより処理能力を上げるのもいいかもしれません。

この構成で概算見積もりが30万円弱くらいになると思うので、RTX 3090だったら40万円近くなるでしょうね。

ここまで高額になってくると、自分でパーツ組み込みするのは怖いので、やっぱりBTOのコスパで悩みます。よほどお気に入りのPCケースがある場合をのぞいて、BTOPCの購入を検討するレベルになっちゃいますねw

マウスコンピューター
マウスコンピューター期間限定セール

ビジネスや趣味、ゲームまで特化BTOパソコンならマウスコンピューター!日本で組み立てをしているから、国産品質でサポートも安心できる。パソコンには詳しくないけどスペックの高いPCを安心して買いたいならおすすめできる。

パソコン工房
BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

クリエイターもゲームも専用構成のPCラインナップが豊富で、カスタマイズベースの種類があるのが特徴です。目的のスペックに近いものを見つけやすく、カスタマイズでもうワンステップしるだけで、自分が欲しいスペックを見つけることができる。

FRONTIER

実はBTOパソコン界の老舗なフロンティアは、探し安さや納期表示などの買う人の立場に立った運営が特徴です。パーツ単位で選べる人にならおすすめできる、隠れたコスパBTOショップだったりする。パソコンに詳しい中上級者で、フロンティアを知らないなら一度はショップに訪れてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
動画編集用パソコン
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました