動画の保存先を早いSSDにすることで動画編集のスピードを上げるハック

動画編集をするのに重要なものとして、ハイスペCPUやGPUが気になりますが、実は映像の保存用ドライブの速度も重要だってこと知ってましたか?フルHDまではそれほど重要視されていませんでしたが、4K時代になりSATA接続のSSDですら体感で遅いと感じるまでになりました。これからパソコンを購入するならだんぜんNVMe M.2 SSD(PCIe接続)のものを選ぶべきです。

今回の投稿はベンチマークだけではわからない「なぜ高速ストレージが動画編集に必要なのか?」というところを解説していこうと思います。

マウスコンピューター/G-Tune

なぜ動画編集に速いストレージが必要なのか

動画編集用のパソコンに求められる性能は、おおよそ以下のような内容になっているとおもう。

  • より高速なCPUを使う
  • よりコア数が多いCPUを使う
  • メモリを増やす
  • より高速なGPUを使う
  • HDDの代わりにSSDを使う

高速で多コアなCPUを使うことで、プレビュー表示(H.265などのコーデックが使われている素材)でのコマ落ち、つまりデコードやエンコードといったシーンで威力を発揮します。RAMメモリに関しては、動画編集ソフトに読み込んだ素材やCPUでデコードした素材なその処理に使われるため、4Kを編集するなら最低でも32GBていどは積んでおきたい。

GPUに関してはエフェクトの使用状況にもよりますが、VRAMメモリと高速なコアを選択しておけば間違いないかと。2020年2月現在であれば、4K動画編集するにはRTX 2080 tiやRadeon VIIなどの高速なGPUが欲しくなってくる。もちろんRTX 2070 Superなどでもいいが、パフォーマンスが多少悪くなることも視野にいれておきたい。

普通に考えるとここで思考停止しちゃいますよね。

ストレージ速度が速いのはNVMe M.2 SSD

地味に大事になるのがデータを保存しているストレージで、ものにより速度が段違いなんです。

  • HDD(ハードディスク)
  • SATA SSD(ソリッドステート)
  • NVMe M.2 SSD
  • PCIe×NVMe M.2 SSDをRAID0にする(複数のストレージをひとつとして扱う)

上に書いたものは下に行くほど高速で動く仕組みになっていて、PCIeに接続したものをRAID 0で構築することで、いままでにない高速ストレージ・ドライブができあがります。その速度はじつにギガバイト/秒にもなるので、ストレージに関しては8K編集も視野にはいるほど速いものとなる。もちろんCPUやグラボ、RAMメモリが速いものじゃないと8Kは無理ですが…

RAID 0にすることでランダムアクセス性が上がる

ネット検索していてよく見るのが「動画編集するのにHDDの速度があれば十分」というもの。実は正解のようで間違っているのがこの手の話なんです…フルHDであればHDDでもじゅうぶんに感じますが、それでもクリップを読み込むときにはランダムアクセスが増えるから、少なくともSSDにはしておきたい。

なぜ僕がPCIeで接続するNVMe m.2 SSDをおすすめするのか?

動画編集をするのに一本の映像クリップを読み込み、なんの編集もせずに書き出すことってないですよね?クリップをカットしてつなぎ合わせひとつの映像を作っていきますよね?クリップは実際に細切れになっているわけではなく、もとのソースはそのままに、Premiere Proなどの編集ソフト上で編集できるように読み込んでいるだけなんです。

ソースクリップは改変せずランダムにアクセスするため、ランダムアクセス性のいいSSDのほうが編集時の快適性は格段に上がります。さらにRAIDを組むことで高速かつランダムにアクセスできるようにあるので、M.2 SSDのRAID 0を推奨しているんです。

まとめ

いずれ僕のパソコンもRAIDを組もうと思っていますが、いかんせん先立つ物が…w

システムドライブにM.2 SSDの500GBなどを使い、作業用ドライブにRAIDを組んだ複数枚のM.2 SSDを使うことで、オプテインなどの高価なストレージを使うことなく高速ドライブを使えるようになります。具体的にはPCIeに接続するM.2 SSDのケースを使い、500GBないし1TBのM.2 SSDを4枚搭載しRAID 0を組んでいく。

いっきにやりたいので、Windowsはクリーンインストールしようと思っています。

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

おすすめなパソコンはデスクトップですが、BTOショップはノートPCも販売しているから、どうしても持ち運びしたいならノートを選ぶのもあり。しかし、デスクトップで30万円前後のPCと同等のものを探すなら、ノートPCだと50万円くらいは覚悟したいところ。

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-DGZ530H4-M2S5

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックスGeForce® RTX 2060 SUPER™
  • メモリ16GB PC4-19200(カスタマイズで32GB以上にスペックアップするのがおすすめ)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

DAIV-DGZ530 iconはクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

パソコン工房のクリエイター向けモデル

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックス GeForce® 2080 Ti
  • メモリ32GB(16GB×2)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

パソコン工房のSENSE-R041-i9K-XYX-CMG [CG MOVIE GARAGE]はCAD向けのBTOパソコンですが、スペック的には動画編集で満足の行くPCとなっている。価格も税込み30万円なので、グラボが最上級のわりには価格が控えめなのが嬉しいポイント。さらにメモリを増設し64GBにすれば、動画編集において不満点はほぼ無いかと。

パソコン工房で探してみる

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
動画編集用パソコン
スポンサーリンク
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました