RyzenとCore iシリーズはどちらが動画編集に適しているのか

BTOや自作でも同じだけどCPUえお選ぶときに迷うのがAMD Ryzenとintel Core iシリーズ。Ryzenが登場するまでは、ただ安いだけのCPUというイメージでしたが、第3世代となり磨きがかかったように思います。ぶっちゃけると、まだintelには追いついていないという結論ですが、それはソフトがRyzenに最適化していないから。

次期Ryzenではソフトとの相性も改善してるだろうから、次の毎マシンはRyzenでもいいかなーなんて思っております。最近はBTOメーカーもRyzen搭載マシンの販売をはじめているから、今後はより選びづらくなるかな?と予想してる。

マウスコンピューター/G-Tune

RyzenとCore iで動画編集がどうかわるのか

いまはAMDでもintelに遜色ない性能うがある。遜色ないどころかやりたいことによってはAMDが優勢な面もあるのが事実。intel派としてはあまり受け入れたくないですけどねw

RAMメモリやグラボの性能が同じで、CPUが変わってくるとパソコンの性能がどう変わるのか。そういったところが気になってますよね?ざっくりと違いを書くと…

  • 動画編集中のプレビューにコマ落ちが出やすいか
  • エンコード(書き出し)速度の違い
  • エフェクトを適用した場合のソフトの軽さ

こんなところです。CPUはRAMメモリと同じで、動画編集ソフト全体の動きに影響がでますが、特に影響するのが箇条書きで書いた部分となります。上記以外で編集にかかわる部分といえばエフェクト関係でしょうか。エフェクトはGPU(グラフィックボード)の影響が大きいので、下記のようなことをしたい場合にはグラフィックボード選びも気をつけたいところ。

  • カラー補正やグレーディング
  • トランジションなどのエフェクト
  • テロップなどの文字入れ

グラフィックボードで快適性が変わるとしたらこのあたりですね。少し古い投稿ですが、グラボ性能が気になるなら読んでみてください

まだグラフィックボードで消耗してるの?動画編集とGPUの素敵な関係
動画編集をするときに最も大切要素だと言われるのが、パソコンのスペック(性能)ですよね?実はスペックだけ追い求めても、無駄なお金を使い損をするだけです。時間もお金もね。僕が1番重要だと思うのはGPU(グラフィックボード)なんです。...

CPUについてはこちらの投稿も参考になるかと。

動画編集用のパソコンで抑えるべきCPUのチェック項目!コア数が多いCPUほど編集能力が高い!
動画編集用のパソコンで重要なもののひとつにCPUがあります。CPUというのは人間の脳みそに当たる部分で、動画編集の環境を快適化させるためにも少し贅沢をしたいポイントでもあります。しかし、価格も高くランクの高いCPUならいいわけでもなく、...

いまはRyzenとCoreではファイル形式でも速度が違う

一眼動画やドローン空撮をしているかたならわかるかと思いますが、アマチュア~ハイアマくらいだと編集時に使う動画圧縮ファイルはH.264かH.265ですよね。ProResなどのRawファイルを使える人ってそれほどいないですよね。BMPCC4KかBMPCC6KがProResで直接撮影できるし、LUMIX S1HもATOMOS NINJA V(フィールドレコーダー)でのRaw対応ができます。(買えないですがw)

もしProResファイル(cinema DNG)の編集をすることが多いなら、検証サイトなどで評価の高いRyzenを選ぶべきだし、H.264やH.265などの圧縮ファイル、つまりV-logなどでの撮影が多いならCore i9のほうがパフォーマンスは高い。

現在僕が使っているカメラはパナソニックの’LUMIX S1なので、フィールドレコーダーがないと4K60p 4:2:2での撮影ができません。動画は写真以上にお金がかかるおそろしい沼でもあるんですよね。写真しか知らなかった頃がなつかしい…(遠い目

話を戻すと、いまはまだ全体的な性能としてはIntel製CPUのほうが優勢ですが、こんごRyzenのシェアが拡大してくるとソフト側でも最適化が進みパフォーマンスはあがってくると予想しています。いま買うなら間違いなくCore i9 9900Kでの構成がおすすめですが、来年はまた話が変わってくるかもしれません。

編集作業よりもエンコード速度を優先したいならRyzen

Ryzenの特徴はとにかくコア数とスレッド数が多く、並列処理にすぐれたCPUと言えます。編集作業そのものよりもエンコード速度を求めているなら、なにも言わずにRyzen 3900Xの購入がいいでしょうね。

しかし、編集中の性能はCore i9 9900Kの圧勝なので、僕が買うならIntelのほうかな。(来年はわかりませんが…)

おすすめのBTO構成(カスタマイズ含む)

なめらカメラでおすすめしたいパソコンの構成ですが、4K10bitの動画ファイルを扱う前提で書いているので、4K8bitまでしか使わないよ!ということであれば、メモリとグラボのランクを少し落とせる感じ。

  • CPU:Core i9 9900K
  • 12cmファンのサイドフローCPUクーラー
  • メモリ:DDR4 2666MHz 64GB
  • グラボ:4K10bitでRTX 2070以上
  • 電源:700w程度

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

おすすめなパソコンはデスクトップですが、BTOショップはノートPCも販売しているから、どうしても持ち運びしたいならノートを選ぶのもあり。しかし、デスクトップで30万円前後のPCと同等のものを探すなら、ノートPCだと50万円くらいは覚悟したいところ。

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-DGZ530H4-M2S5

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックスGeForce® RTX 2060 SUPER™
  • メモリ16GB PC4-19200(カスタマイズで32GB以上にスペックアップするのがおすすめ)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

DAIV-DGZ530 iconはクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

パソコン工房のクリエイター向けモデル

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックス GeForce® 2080 Ti
  • メモリ32GB(16GB×2)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

パソコン工房のSENSE-R041-i9K-XYX-CMG [CG MOVIE GARAGE]はCAD向けのBTOパソコンですが、スペック的には動画編集で満足の行くPCとなっている。価格も税込み30万円なので、グラボが最上級のわりには価格が控えめなのが嬉しいポイント。さらにメモリを増設し64GBにすれば、動画編集において不満点はほぼ無いかと。

パソコン工房で探してみる

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました