動画編集用のパソコンで抑えるべきCPUのチェック項目

動画編集用のパソコンで重要なもののひとつにCPUがあります。

CPUというのは人間の脳みそに当たる部分で、動画編集の環境を快適化させるためにも少し贅沢をしたいポイントでもあります。しかし、価格も高くランクの高いCPUならいいわけでもなく、動画編集が得意なSPUというものがあります。

 

動画編集には処理能力の高いCPUが求められますが、どういった映像を作るかによっても必要なCPUのランクは変わってきますから、後悔しなようにしたいですね。

安い買い物ではないのだから…

 

このページではCPUの種類やクロック数、スレッド数など聞き慣れない用語もでてきますが、それぞれ動画編集のどこに必要とされているのかを解説していきます。

CPUの性能や特徴を知ることで、動画編集に必要なCPUがわかってくると思います。

 

CPUのコア数・クロック周波数・スレッドをチェック

 

CPUのスペックを見る基準は、コア数・動作クロック(周波数)・スレッド数なんです。

 

ますは、CPUのコアについて。

CPUは人間でいう頭脳と説明しましたが、近年のCPUではマルチコアCPUが当たり前になっていて、複数の頭脳で同時に考えている状態なんです。パソコンソフトはすべて計算で動いていますから、その計算を受け持つのがCPUなので、CPUのコアがひとつよりも複数あったほうが良いのはわかりますよね。

 

次にCPUのスレッド数なんですが、通常1コアに対して1スレッドなんです。

ところがHT(Hyper-Threading)対応のCPUでは、1コアで2コアぶん、つまり2スレッドの処理が行なえます。人間の脳が右脳と左脳で考えているようなものですね。(少し違いますがw)

HT対応のCPUであれば、同じコア数のCPUにくらべ性能が高いと言えます。

しかし、むやみにコアやスレッドが多いCPUが良いのではないということ。CPUは総合スペックで見るので、現在の高コスパCPUはCore i9 9900K(8コア16スレッド3.6GHz)で、ランクが上のCore i9 7900X(10コア20スレッド3.3GHz)よりも高性能なんです。

これは後述する動作クロックの差から生まれます。

 

最後に動作クロックなんですが、ようはCPUが計算を処理する回数を表しています。

〇〇GHzなどと書かれているので、その数字が単純に大きいもののほうが処理回数が多いことになります。計算が早いので、そのぶんアプリケーションが高速に動くことになります。

 

このCPUの性能が高いほど消費電力も上がり、CPUの発熱量も上がるというわけです。

 

僕が使っているIntelのCore i7 8700Kを例に解説

 

僕が使っているのは第8世代のIntel製CPUで、Core i7 8700Kといいます。

このCPUはとても安定している反面、発熱もすごく、少し作業するとブンブンファンがうるさいですねw

しかし、レビューなどの評価もよく、GTX1070などの上位グラフィックボードと合わせることで、4K動画編集もわけなくこなせるパワーがあります。第9世代のCore i7との違いはコア数の違いなので、第9世代にするならCore i9 9900Kがおすすめです。

ちなみに、第9世代のCore i7と第8世代のCore i7を比較すると、

ちなみにCore i7 9700K(8700Kの後継機種)では、ハイパースレッドに対応していないので、微妙です。9700Kにするなら8700Kにしたほうが良いかもしれませんね。

ドスパラで8700Kのレビューを見る

形状(CPUソケット) LGA1151
動作クロック 3.70GHz
コア数 6
スレッド数 12
TDP(熱設計電力) 95W

Core i7 8700Kのスペックを見ると、クロック周波数を見ると3.6GHzですね。この数値は第7世代の7700Kど同じですが、コア数が4から6になっているので、処理能力は1.5倍ていどになっています。全世代のCPUとはいえ、Turbo Boost 2.0発動時最大という制限付きながら4.7GHzの動作クロックを誇るSPUでもある。

動画編集をする場合には、CPUコアの数がそのまま快適な編集につながるんです。

もちろんコア数だけではなくスレッド数も影響してきますから、動作クロックよりもコアとスレッドの数値が大きいものを選択したいですね。

 

映像編集に有利なCPUを選ぶ基準

動画編集に有利なCPUの選び方としては、コア数(スレッド数が同じ場合)×クロック(周波数)である程度予測することができます。

例として

  • 8コアで5GHzのCPU
  • 10コアで4GHzのCPU

どちらも掛け算すると40という数値になりますが、ノンリニアビデオ編集する場合には、同じ数値になるCPUであれば動作クロックが高いほうが有利となります。

コア数も動作クロックも同じくらい大事という良い例ですね。

 

パソコンを普通に使うだけならコア数はさほど重要ではないですが、3DCADや動画編集といった作業になると並列演算処理に強い多コアなCPUのほうが有利です。クロックとコアの掛け算で考えられますが、編集時のプレビュー速度(再生するとカクカクする)を改善したいなら、動作クロックが大きいほうが有利になります。

パソコンのメモリなども影響しますが、CPUだけで考えると上記のようになります。

プレビューの改善には、グラフィックボードのランクが一番影響するんですけどね。

 

TDPは消費電力ではない!静音性やパーツの劣化に影響する

 

TDP(Thermal Disign Power)は発熱量や消費電力と勘違いされがちですが、PCパーツでは熱設計電力となります。

このTDPという数値は、パソコンのパーツを組む時の指標で、電源やCPUなどの冷却するために参考にするべき数値なんですよ。

 

TDPは電源および冷却に関する指標を示すための数字

Core i7-8700Kを使ったPCを作る場合、ケースの中に100Wの白熱電球が1個あるという仮定のもとに、電源回路と冷却の仕組みを考えればいいことになる。電源の方は100Wを安定供給できる仕組みということになる

引用元:いまさら聞けないIT用語集 TDPってなに? 消費電力じゃないの?

ASCⅡの解説がわかりやすいので引用させていただきました。より詳しく知りたい方はASCⅡのページを見てください。

 

TDPのワット数が多いと、パソコンのケースも大きくなるし、冷やすのに工夫が必要になってきます。Core i9 XシリーズなどはTDP 165Wとなっていて、i7 8700KよりもPCケース内の冷却を考えないといけません。

あくまでも発熱量をワット数で表しているので、つねに165Wを発熱しているわけではないですが、小型のケースやノートPCなどでは使えなくなります。

このページを作成している次点で最新の、Core i9 9900KではTDPも95Wですが、Core i9 9960Xは16コア

 

電源やグラフィックボードも発熱するので、あくまでも全体のバランスのひとつとして参考にする数値ではあります。

 

マザーボードのソケットの違いでCPUも変わる

 

BTOパソコンであれば組み立て済みですが、自作派の方やCPUを上位版に入れ替えたい時に重要な部分です。

 

CPUはパソコンのマザーボードと呼ばれる基盤に取り付けます。

基盤にはソケットと呼ばれる部分があり、ソケットにCPUを差し込む形でマザーボードと接続しています。

ソケット形状が合わないCPUとマザーボドでは互換性がありません。

単純に取り付けできないなんてこともありますw

 

パソコンをDIYするのは決して難しくないですが、こういった物理的な相性だけでなく、実際に通電してからわかる相性もあるからすすめづらいんですよねw

むしろカンタンだしより安く自分好みにできるので、僕はいつもDIYで自作してます。

 

しかし、最新のソケット(LGA2066)のCPUは、価格が高いわりには動画編集に不向き(最大動作クロックの差)なため、現在の主流は同じ第9世代のLGA1151ソケットを採用したCore i9 9900Kとなっています。

 

CPUのメーカーによる違い

 

CPUメーカーの主流はIntelとAMDですが、先に解説したソケット形状が違うため互換性はありません。

Intel Coreシリーズは圧倒的な世界的シェアを誇り、AMD Ryzenは用途を選ぶ上級者向けのCPUと思っておいたほうがいいかもしれません。実際にIntelよりもAMDのほうが快適に使えるアプリケーションもあります。

 

IntelとAMDの違い

  • Intelのほうが高価
  • Intelのほうが情報量が多い(ネットで調べるときなど)
  • AMDはコスパが高い
  • ソケット形状が違う

同じコア数とクロック数の場合AMD製CPUのほうが安価なので、BTOパソコンを選ぶ時に価格的にも有利なんです。

動画編集が目的ならCPUだけではなく、グラフィックボードや使うアプリケーションの影響もおおきいので、どれがいいとは言いづらいのが辛いところ。

 

動画編集中の快適性能なら、動作クロックの高いIntel製CPUが有利な傾向にありますよ!

僕はIntel製のCPUしか使いませんが、そういった方は多いです。

AdobeのPremiere Pro CCを使いたい場合は、IntelのCPUじゃないとパフォーマンスが落ちます。Davinci resolveをお使いなら、さほど変わらないです。

 

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

 

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune
  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i7-9700K
  • グラフィックスGeForce® GTX 1070
  • メモリ16GB PC4-19200SSD240GB
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】
DAIV-DGZ530はクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】
ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

ASUSのクリエイター向けモデルのROG STRIX

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i7-8700K
  • グラフィックス GeForce® GTX 1080
  • メモリ32GB DDR4-2666
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】
ASUSは自社でマザボードやビデオカードなども販売しているので、ASUSのパソコンは他社にくらべ価格的なメリットがあります。 パーツの信頼性も高く、自作派の方の信頼もある老舗のPCパーツメーカーです。 自社でパーツを提供している強みから、パーツごとの相性まで考えられて作られているので、不具合も出づらいのが特徴です。 >ASUS Store Onlineで購入するP

動画編集におすすめのパソコンスペック!グラボとCPUのコア数で勝負!
動画編集におすすめのパソコンはどのようなパソコンかわかりますか?このページでは、映像の編集に使うノートパソコンやデスクトップパソコンについて解説しています。「CPUはどれが良いの?」「ビデオカードの性能は?」「パソコ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント