BMPCC4KをRonin Sなどのスタビライザーに載せるためのプレート

動画をはじめてみてから気になっているカメラのひとつがBMPCC4Kです。

スタビライザーも購入して、カメラをどうするかな~?と考えていたところにBlackmagicDesignから、BMPCC4K発売のアナウンスを聞き興味を持ちました。

 

ところがBMPCC4Kは一眼レフやミラーレスよりも横幅が広いんですよね。

ここで困ってしまうのが、片手ジンバルに載せるときです。

 

ビデオSALONを見ていて吹き出しそうになったんですが、BMPCC4KをZhiyun Crane 2に載せるのに、逆さまにしないとダメだったみたいなんですよね。

BMPCC4Kをカメラスタビライザーに載せる方法はありますが、僕が知っている方法を掲載しておきます。

1番いい方法はLanParteのOSP-RSプレートだと思います。Manfrottoの501PL互換の偏心プレートですね。

LanParte公式サイト:Offset Camera Plate for Ronin-S for BMPCC 4K

 

僕はAliexpressで購入しましたが、1週間もかかりませんでしたよ!

マウスコンピューター/G-Tune

BMPCC4Kをカメラスタビライザーに載せるプレート

 

BMPCC4Kをスタビライザーに載せるには少し横幅が広すぎる。

そこで提案したいのが、オフセットしたベースプレートを持つLanParteのOSP-RSプレートと、SmallRigなどで販売しているアルカ互換のクイックプレートを使用する方法です。

断然オススメなのがLanParteのOSP-RSプレートで、Youtubeを見てもらえればきっと気にいると思いますよ!

LanParteのOSP-RSオフセットプレート

LanParteのOSP-RSプレートを知る前はManfrottoの501PLが使えるクイックリリースや、アルカ互換で1/4のネジ穴が複数ついているものを探していました。

オフセットしたManfrotto 501PL互換のプレートを見つけたのはYoutubeを見ていたときです。

Ronin SにBMPCC4Kを取り付けるのにLanPartの製品を使えば、いともたやすくバランスがとれる。

LanParteのOSP-RSを使いBMPCC4Kを使えるスタビライザー

僕はRonin Sしか持っていないので、ネットを使い調べてみました。このページを作成してる時点では、DJI Ronin Sが割引販売されていますねw僕が購入したときより2万円くらい安くなっていて、(´;ω;`)ブワッてなりましたよw

使えるスタビライザーは

MOZA AirCrossはペイロード1.8kgの製品なので、BMPCC4KをAirCrossに載せられるなら、1.8kg以上のカメラを搭載できる片手ジンバルならOSP-RSを使いBMPCC4Kを載せられると思います。

僕の予想では下記製品でも使えるはずで、カッコ内にはペイロードを記載しています。

調べた範囲ではkのくらいですが、ペイロード1.8kgのMOZA AirCrossで使えるのだから、それいじょうのペイロードがあれば問題なさそうですね。

アルカ互換のクランプで横方向に調整できるように

左から

  • DJI Ronin S:純正プレート(セットでついてくる)
  • SmallRig:501プレートとアルカ互換クイッククランプ
  • LanParte:501PL(オフセットプレート)

SmallRigなどのプレートを組み合わせて使い、カメラを横方向に調整できるようにするとBMPCC4Kを載せられます。

なぜ横方向に調整幅を広げるのかというと、Ronin Sのカメラマウント部の調整幅では足らないから。

LanParteプレートのオフセット幅が約35mm

35mmだけ横方向に動かせるようにしてあげれば、BMPCC4Kをスタビライザーで使えるようになります。

調整幅を広げるなら長めのベースプレートかクランプがおすすめ

アルカ互換のベースプレートは種類があります。

長めのものを使用すれば、それだけ調整幅は広がります。

BMPCC4Kの場合は、三脚穴が極端に寄っているため(グリップ側が長い)Ronin Sの調整幅よりも広げないとダメなんです。

アルカ互換クランプを使いPeakDesignのキャプチャーと併用できる

一眼レフカメラを持ち歩くときに定番で、人気のあるPeakDesignキャプチャークリップですが、アルカプレート対応にすることで共存させられます。

PeakDesignのキャプチャーを使っているかたは多いと思うので、いろんなクランプで試してみるしかないですね。

 

BMPCC4Kでジンバルを使うためのまとめ

 

さきほども書いたように、LanParteのオフセットプレートのズレが35mm

この35mmという長さぶんを何かの方法で調整できれば良いわけです。

他にもいい方法はあるかもしれませんが、アルカ互換クランプかLanParteのオフセットプレートが最適だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました