DJI

DJI GO 4でウェイポイント2.0の使い方、ドローンの自動飛行を楽しもう!

このページではMavic 2からDJI GO 4に実装された機能の、ウェイポイント2.0の使い方について解説しています。 ウェイポイント2.0でできること できること ドローンの機首を操作する(カメラの向きを変更する) ...

DJIドローンでパノラマや360°写真を撮影する方法

DJIのドローンでは、DJI GO 4アプリの機能でパノラマを撮影することができます。 ここでは撮影モードのひとつ、パノラマの撮影法を解説していきます。 間違った操作をすると、パノラマ写真が撮影できないので注意しましょう。 ...
コラム

Mavic 2は送信機でiPhoneなどを充電しながら飛行できる

実は僕も最近知ったんですが、DJIの最新ドローンのMavic 2 ProとMavic 2 Zoomは送信機で充電しながら、iPhoneやAndroidスマホを使って飛行できるんですよ! 寒い地方に限らず、気温が低い時にはiPhon...

スマートキャプチャーの使い方

じつはMavic Airを手だけで操縦することができるんです!スマホだけでも送信機と組み合わせても使えるので、持ち前のコンパクトさと相まって最高の旅ドローンだって言うこと知ってましたか? このページでは、Mavic Airを手だけで操作(...
レビュー

Mavic Airの高感度耐性をテストしているコンテンツ

Mavic Airの高感度耐性が気になったのでテストしています。 低感度画質と高感度画質の比較 Mavic Airの高感度性能テスト【静止画編】 まずは前提として、定常光で厳密にテストしたのではなく、日中に部屋の電灯を...
レビュー

Mavic 2 Proの高感度耐性をテストしているコンテンツ

Mavic AirからMavic 2 Proに乗り換えて何が変わったのか。 やはりセンサーサイズの違いと高感度性能ですね。 高感度が良いとブロックノイズも出づらいし、カラーノイズも抑えられますからね。写真が大量にあるので表示は重...
レビュー

Mavic 2 ProとMavic Airの高感度耐性を比較してみる

Mavic AirからMavic 2 Proに乗り換えて何が変わったのか。 やはりセンサーサイズの違いと高感度性能ですね。 高感度が良いとブロックノイズも出づらいし、カラーノイズも抑えられますからね。写真が大量にあるので表示は重...
ドローン

DJI GO 4の使い方

このページではDJI GO 4の使い方を解説していきます。使用するドローンによって設定などは変わってきますが、僕の持っているMavic Airを例にして解説をすすめていきます。 空撮向けの機体と撮影設定 アプリの機能で撮影する D...
ニュース

-20℃でも使えるMavic 2の新しいプロポDJI スマート送信機が登場

DJIは、CES2019でドローン用の新しい送信機「DJI スマート送信機」を発表しました。2019年1月8日より販売かいししており、価格は税込みで83,700円となっています。 DJIスマート送信機は、耐寒性能や屋外でのディスプレイ...
レビュー

Mavic 2のランディングレッグは組み合わせが最高かもしれない

Mavic 2はカメラの位置が低いので、購入したいNo.1アクセサリーとしてランディングレッグが挙げられますね。 今回はMavic 2用のランディングレッグを2つ購入し、組み合わせて使う改造を思いついたので、レビューしながらシェア...