レース用ドローンを体験したいならトイレーサーで遊んでみたら?競技用トイドローンBOLT BEE HS150

おすすめのドローン

ふだん空撮ドローンを飛行させていてもドローンレーサーのキビキビした飛行を体験したくなり、調べていたらお試しで買うのにちょうど良さそうなドローンがあったので、シェアしておきます。

ちょっとParrot Mamboに似すぎている気もしますがw

Holy Stoneの入門用レースドローンBOLT BEE HS150

ふつうのレーシングドローンは250(ドローンの規格)で2~3万円するので、少し興味があるから試しに。。。なんて価格ではないんですが、Holy StoneのBOLT BEE HS150は6,000円を切る価格でキビキビとしたレース体験が楽しめるドローンなんです。

amazonの評価を観る限りでは、実際にレース用ドローンを飛行させている方も「練習用に最適なのでは?」と太鼓判を押すくらいに、ドローンレースの入門用にぴったりなんです。

BOLT BEE HS150のおすすめ出来るポイント

メリットに関しては、以前ならこの価格帯では考えられないくらいの高機能なので、値段を考えたら凄すぎますね。

  • 低価格でレースドローンを体験できる
  • 操作性はカチッとしたアグレッシブな飛行が楽しめる
  • 空撮ドローンの飛行に飽きた方
  • 多少の風でも抵抗しながら飛行できるパワー
  • レースドローン入門に最適
  • バッテリーの残量が少なくなると低電圧アラートでお知らせしてくれる

BOLT BEE HS150のデメリット

メリットと同じように、値段を考えたらしょうがないと思います。

  • ブラシモーターなので耐久性に不安がある
  • パワーがありすぎてドローンに慣れていない方は少し怖いかも
  • 飛行時間が6分前後と少し短いかも
  • バッテリーが専用タイプなので汎用リポバッテリーが使えない
  • バッテリーがamazonで売っていない(このページを作成している時点で)

その他機体重量などのHS150スペックなど

  • BOLT BEE HS150の操作モードはモード2固定
  • 機体重量は69.5gで改正航空法の規制対象外(DID地区でも飛行できる)
  • プロペーラガードは標準装備
  • プロポの電池は単3で6本必要(別途購入の必要あり)
  • 予備プロペラは2セット付いてくる

Holy Stone HS150がおすすめな理由

やはり2017年の最新ドローンだし、この6,000円という価格であれば失敗しても笑って許せる価格なので、練習用に買おうかと思えるドローンですね。

レビューを読んでいると、ふだんDJIのMAVIC proを飛行させている方も楽しみながら飛行させているようなので、本当にキビキビとアグレッシブな飛行体験ができそうです。ぼくはレーシングドローン未体験なので(空撮ドローンしか飛行させたことがありません)興味があるから購入して遊んでみたいですね。

ちょうどParrot Mamboを購入しようか迷っていたタイミングで知ったので、HS150も候補に上がってきた感じです。発売時期からするとHS150に軍配が上がりそうですねw

Holy Stone BOLT BEE HS150

amazonが最安みたいですね。

Parrot Mambo

Parrot Mamboは色んな楽しみ方ができる遊べるドローンで、FPVゴーグルがセットになったものも販売しているので、室内でFPV飛行を楽しむのも良いかもしれませんね。

どちらかを購入したらブログ上でレビューしたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント