フォトグラファーになるためにGoogleの認定の取り方

 

このページを見ているかたは、Googleから認定されているフォトグラファーの存在は知ってるけど、

「どうやったらなれるの?」

という疑問をおもちではないですか?

 

このページではGoogle認定フォトグラファーになる方法を解説していきます。360°のVR写真を撮影できるなら誰でもフォトグラファーになることができるんです。

360写真を撮影できるカメラの解説は以下のページで知ることができますよ!

VR360写真を撮影するために必要な知識のまとめ
最近はVR360°写真や動画が気になりだしたなめらカメラです。実はGoogle認定フォトグラファーを目指して、出かけるたびにドローンで球体パノラマ写真を撮影しています。しかし、ドローンだけじゃはかどらないので、360撮影するための情...

Google認定フォトグラファーになるには

 

誰でもGoogle認定を取得することは可能ですが、最低限必要なのはGoogleストリートビューアプリが動くスマートフォンだけです。

Google ストリートビュー

Google ストリートビュー
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

アプリを入れて360°を見ることができる写真をGoogleストリートビューにアップし続けることで、Googleから認定がもらえ、はれてフォトグラファーとしてデビューできるんです。

僕がスマホで撮影したVRビューはこんな風に見ることができます。

どうですか?ちゃんとVRできてますか?

この360写真1枚撮るのにようした時間は、およそ2~3分ていどでしょうか。スマホで撮影しているので、ところどころ上手につながっていませんが、写真同士をつなぐ作業もGoogleストリートビューアプリが勝手にやってくれます。

僕がやってみたとり方だと、ストリートビューアプリを使う方法がお金もかからなく、カンタンでした。

 

Ricoh THETA SCを使う方法もありますが、THTA SCとミニ三脚、延長ポールを買うだけでも、軽く3~4万円くらいになる。なので、認定フォトグラファーになるだけなら、すでに持っているスマホで撮影するのがカンタンですね。

時間はかかりますが…

認定フォトグラファーができること

 

疑問に思うのは「認定フォトグラファー」となって、いったい何ができるのか?といったところでしょうか。

Street View – Hire a Trusted Pro to Boost Your Visibility
イメージどおりのレストランやカフェ、ホテルを見つけるのは、たいてい一苦労です。そこで役立つのが高品質なバーチャル ツアーです。ユーザーは実際に利用する前に中の様子を把握できるので、安心して決めることができます。

上記はGoogle認定フォトグラファーがストリートビューの依頼を受けられますよ!というGoogleの解説ページです。

Googleから認定を受けたストリートビューフォトグラファーは、360°撮影した写真同士をつなぎ、ストリートビューのように移動できる設定もできるようになります。

インドアビューと呼ばれる設定をしているのも、認定フォトグラファーの場合が多いです。

 

Google認定フォトグラファーになる要件

 

Google認定フォトグラファーになるためには

  • 360°のVR写真をストリートビューに50枚以上アップする
  • Googleが50枚以上VR写真として認証する
  • Googleからフォトグラファーの認定バッチが発行される

自分ができることはGoogleストリートビューにVR写真を50枚以上アップすることだけです。あとはGoogleが認定してくれるのを待つだけなので、やれることは写真を50枚以上アップするだけですね。

Street View – What it Takes to be Trusted
ストリートビューの認定バッジを手に入れる

要件は上記ページで確認できますが、細かい部分までは説明が無いですね。

 

ポイントは50箇所のVR写真ではなく、50枚のVR写真というところですね。

Googleがストリートビューを公開していない道路などで、360写真を撮影しながら50枚分移動していけば、早ければ1~2時間もあれば要件はクリアできますよね。

 

手軽に360撮影するにはRicoh THETA SCが最適

どんな機材があるのかを詳しく知りたい場合は、以下のGoogleページを参照してください。

Street View – Create Street View in a Snap
ストリートビューの作成がさらに手軽になりました。外出先での撮影と公開、ツアー画像の微調整など、さまざまな場面でストリートビュー画像を手軽に撮影、公開できるツールを幅広くご用意しました。画像の公開要件をわかりやすくまとめたポリシーもご確認いただけます。なお Google は、ストリートビュー画像の公開を可能にするため、こ...

いろいろ書いてありますが、最低限の要件を満たしているのは、Ricoh THETA SCなんです。

このカメラとミニ三脚、眼の高さ付近で撮影するために、延長ポールもほしいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント