X-Riteのi1Studioを買ったのでファーストインプレッションをしてみる

ガジェット

キャリブレーターのX-Rite i1Studioを購入したので、内容品の確認と手持ちのモニタをキャリブレートした印象などを書いていきます。実際に使ってみた感想としては、デュアルディスプレイだったら2枚とも同じ機種を使いたいということ。

キャリブレーションするとわかりますが、機種が違うと結局は色味が揃わないんですw

それでも以前の状態よりは信頼できるので、キャリブレーター自体は自信をもっておすすめできると断言できます。購入するか迷っているなら、X-Rite公式サイトでもレンタルできるので、実際に試してみるといいでしょう。

i1Studioの立ち位置としては、i1Display Pro Plusやi1Display Proの上位機種といった感じ。

i1Displayシリーズではモニタしか調整できませんが、プリンタやスキャナを調整したいならi1Studioが最適な機種となる。

X-Rite i1Studioの開封と内容品

箱を開けるとケースに入ったi1Studioの測光センサーとUSBケーブルが現れます。ピントがズレていますが気にせず進みましょう。USB端子はminiBとなっていて、microBとは違うため注意が必要。

miniB端子ケーブルはあまり種類がないため、別途購入する場合は3mくらいの余裕がある長さを購入するのがいいでしょう。

測光センサーが入った箱を引き上げると、下からはソフトダウンロードの案内と、ColorChecker Classic Miniが入っています。

ColorChecker Classic Miniだけでも9千円くらいの価格なので、i1Stuidoが実質9千円引きで買えることになります。

ColorChecker Classic Miniはペラペラな紙のような素材感なので、別に購入するならColorChecker Passport Photo 2がおすすめ。

i1Studioの外観

最初からケースに収まった状態で、測定するときなどは画像の状態で使用します。測光センサーが使えるように、ケースに穴が空いている。キャリブレーションするときには、この部分にセンサーを合わせ使用することになります。

左下に見えているストラップ状のものは、ディスプレイキャリブレーションするときに、センサーを画面中心部に合わせる『おもり』の役目をします。

こちらがケースから出した状態です。

モニタの色調整するとき以外は、ケースから出し裸の状態で使用する。

真ん中のi1Studioと書かれた円形部は回転するようになっていて、上が環境光、右がプロジェクター、右下がセンサー保護とセンサーのキャリブレート位置、下がモニタやプリンタ校正時にしようする位置となっている。

背面にも前面と同じようにセンサー位置をしめすアイコンがあり、中心の円形部にはボタンがついています。このボタンはプリントしたものを測色するときに使用するもので、プリンタキャリブレーションなどに使います。

画像の左がUSB端子で、右側が底面センサー部となっています。センサーが汚れないように、使用しないときには、センサーを保護部に回転させて保管するようにする。また、基本的には光学機器となるため、できれば防湿庫(ドライボックス)などで保管したい。

センサーが動いているときには、画像のように光るようになっています。

カラーマネジメントモニタ以外もキャリブレーションできる

実際に使用してみた感想としては、ソフトの指示どおりにするだけで、かんたんにキャリブレーションは終わります。

ディスプレイキャリブレートはカラーマネジメントモニタだけじゃなく、ノートPCや対応モニタ以外にもできますし、X-Rite製品ではiOS端末(iPhoneやiPad)のキャリブレーションもできるようになっている。

モニタの色校正をすることで、Rawファイルで撮影した写真も自信をもって色調整できるし、i1Studioであればプリンターの色もモニタと同じ色でプリントできるようになる。

カラーマネジメントモニタ以外もキャリブレートできるが、色を見る限りはカラーマネジメントモニタのほうが結果は良いように感じるが…

デュアルモニタ環境で使用するなら、モニタの機種も揃えたほうが良いと思う。

今はEIZOのEV2736WとCX271というモニタを使っており、両方とも解像度がWQHDなので、デュアル環境で同じ機種に揃えるのが難しい…EIZOは高いのでBenQのカラマネモニタが気になる今日このごろ。

BenQのSW270Cでもデュアル環境で揃えるなら、20万円弱必要なんですよね…

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

おすすめなパソコンはデスクトップですが、BTOショップはノートPCも販売しているから、どうしても持ち運びしたいならノートを選ぶのもあり。しかし、デスクトップで30万円前後のPCと同等のものを探すなら、ノートPCだと50万円くらいは覚悟したいところ。

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

DAIV Z9

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPU:インテル® Core™ i7-10700
  • GPU:GeForce RTX™ 3070™
  • メモリ:32GB
  • 電源:800W 【80PLUS® TITANIUM】

DAIV Z9はクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのはコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。最新のRTX 30シリーズGPUでクリエイティブがはかどりますよ!マウスコンピュータで探す

パソコン工房のクリエイター向けモデル

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックス GeForce® 2080 Ti
  • メモリ32GB(16GB×2)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

パソコン工房のSENSE-R041-i9K-XYX-CMG [CG MOVIE GARAGE]はCAD向けのBTOパソコンですが、スペック的には動画編集で満足の行くPCとなっている。価格も税込み30万円なので、グラボが最上級のわりには価格が控えめなのが嬉しいポイント。さらにメモリを増設し64GBにすれば、動画編集において不満点はほぼ無いかと。

パソコン工房で探してみる

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ガジェット
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました