一眼カメラなどのrawファイルをAdobe DNGファイルに一括変換する方法

タイムラプス動画を作り方として、DNGファイルを直接動画編集ソフトに取り込み、raw動画として作成する方法があります。僕の環境ではPremiere Proはだめで、DaVinci Resolveでタイムラプスのraw動画を作ることができたので、情報としてシェアしておきたいと思います。

raw動画はCinema DNGファイルから作るんですが、Adobe DNGを直接読み込んでも作ることができるの知ってましたか?

マウスコンピューター/G-Tune

raw動画を作るために静止画のrawファイルをAdobe DNGに一括変換する

rawファイルをDNGファイルに変換するのはカンタンで、Adobe純正のコンバーターソフトで一発解決します。使う前にAdobeの使用許諾書に目を通しておくといいかも。(英語が読めるなら)

Adobe DNG Converter使用許諾書

Adobe DNG Converterのダウンロードリンク
Mac OS Adobe DNG Converter
Windows Adobe DNG Converter

 

上記ページからMacとWindows両方のバージョンをダウンロードすることができる。インストールに関しては普通のソフトと変わらないから、ダウンロードした.exeファイルを実行し、各自インストールしてください。

Adobe DNG Converterの使い方

使い方はカンタンで、変換したいRAWファイルが入ったフォルダを作り、そのフォルダを選択して実行するだけ。コレだけで一括変換できますが、RAWファイルとdngファイルが混在してしまうから、2の項目で新しいフォルダを作成し、DNG変換後のファイルを自動保存できるようにしておくのがコツ。

この方法で生成したdngファイルをDaVinci Resolveのメディアプールにドロップすれば、タイムラプス動画のいっちょ上がりです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
動画/写真
スポンサーリンク

おすすめのテンプレートや素材のダウンロードサイト

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました