早送りしたような不思議な動画を撮ろう! 話題の「タイムラプス」動画をスマホで上手に撮る方法

タイムラプス動画というコマ送りしたような動画を見たことはありますか?そう、InstagramやYoutubeなどでよく見る、あのカッコいい動画です!

 

タイムラプスとは、時間をおいて撮影した何枚もの写真をつなげ、まるでコマ送りしたような映像にする撮影テクニックのひとつ。雲の流れや月の動きなどの「時間の経過」といった、通常は感じづらいゆったりとした時間の流れを映像化したものなんです。

Youtubeなどのカッコいいタイムラプスは、ミラーレスカメラなんかで撮影したものです。実はスマホだけでも撮れちゃう。

マウスコンピューター/G-Tune

スマホがあればタイムラプスは撮影できる!iPhoneやスマホで撮影する方法

 

本格的なタイムラプスを撮影するには、自由に設定できるミラーレスカメラなどの、大きいカメラが必要になってきます。

でも、このページを見ているということは、もっと手軽に撮影する方法を知りたいんですよね?

タイムラプスと書いていきますが、読み方としては「タイムラァプス(Time Lapse)」が正解です。

 

ということで、まずはiPhoneなどのスマホを使った撮影方法を解説していきます。

ミラーレスカメラなどで撮影する方法は、別なページを作って解説するので、完成したらここにリンクを貼っておきますね。

 

iPhoneでタイムラプスを撮影するにはカメラアプリでできる

 

iPhoneをご使用なら最初から入っている、標準カメラアプリでタイムラプスの撮影はできちゃう。

 

設定はカンタンで、カメラアプリを開いたらスワイプしてモードを切り替えるだけ。とはいえ、標準のカメラアプリでタイムラプスを撮影する設定などは出来ないので、撮影感覚などの設定を自分でやりた場合には、別なアプリを使う必要があります。

iPhoneの標準アプリでタイムラプスの撮影時間を決める

iPhoneの撮影間隔は撮影時間に合わせて自動的に決まるので、下記の表を参考に作りたい映像の再生時間の目安にしてください。

撮影時間 動画の再生時間 撮影間隔(インターバル)
1分間 4秒 0.5秒間隔
5分間 20秒 0.5秒間隔
10分間 20秒 1秒間隔
30分間 30秒 2秒間隔

引用元:Smart Party.jp

撮影した時間に対して再生時間が決まり、そこから撮影間隔が決まってきます。この設定は自動で決まるため、iPhoneでできることはシャッターボタンをタップすることだけ。

どんなに長く撮影しても、30秒以下におさまるように自動で編集されるようです。

iPhoneのタイムラプスアプリなら「FrameLapse Lite」を使ってみて!

FrameLapse Lite

FrameLapse Lite
開発元:pierre gougelet
無料
posted withアプリーチ

このアプリはGoogle Playにもあり、Androidでタイムラプスを撮影するのに人気なようです。

アンドロイドスマホはFramelapseのようなアプリで

アンドロイドスマホは、メーカーによって使用がちがうため、タイムラプスの撮影ができるアプリを使うのが確実です。

Framelapse - Time Lapse Camera

Framelapse – Time Lapse Camera
開発元:Neximo Labs
posted withアプリーチ

タイムラプス専用ではないですが、撮影間隔などの細かい設定もできるので、イメージ通りの撮影ができるようになります。

あると便利なタイムラプスに必要なアクセサリー

タイムラプスを撮影する場合は、長い時間をかけて撮影する必要があるため、三脚などのアクセサリーは必須になってくる。手持ちでも撮れないことはないけど、グラグラ揺れるような動画になるので、三脚とホルダーで固定するのがキレイに撮るコツです。

ミニ三脚

ミニ三脚があると、手で持たなくても撮影ができるし、スマホ自体が安定します。小型のものだと風で倒れてしまうので、しっかりとした三脚を選びたいところ。

おすすめはカメラスタビライザー向けの三脚で、三脚の脚がしっかりと開くものを選びましょう。スマホホルダーとセットになっている三脚は、かなり華奢なので、ホルダーと三脚は別に購入したほうがいいと思います。

少々高上がりですが、ミニ雲台(角度を変えられるようになる王ション)とミニ三脚がセットになったものがいいでしょうね。

スマホホルダー

ホルダーについては、さほど神経質になることはないですが、できれば角度などが変えられるものを選んだほうがいいですね。

金属製のものであれば長持ちするし、固定力もあるのでスマホが脱落する心配もないからおすすめ。

その他の固定器具

三脚やホルダー以外にも、持っていると便利なアクセサリーを紹介しておきます。

クランプ

クランプがあると、ポールのようなものやガードレール、テーブルなどにも固定が可能になる。

人通りの多いところや、三脚を安定しておけないようなところで活躍するでしょう。

サクションカップ(吸盤)

ちょっと特殊な使い方になるので、なくても問題はありません。

どのようなときに使うかと言うと、ガラス面に設置したり、車のボンネットやドアに固定するときに使います。

タイムラプスよりも、ハイパーラプス(移動しながらタイムラプスを撮影する方法)を撮影するときに欲しくなるアクセサリーですね。

タイムラプス向けの撮影シーン

空に雲が出ているシーン

定番中の定番で、普段はゆったりと流れている雲ですが、タイムラプスで撮影すると早送りのように雲が流れていきます。

普通に撮影したのだと、動いているのか分かりづらい雲の動きを表現できるのが特徴です。

他の映像と合わせることで、

日の出や、日の入り時刻

刻々と変化する太陽の動きをタイムラプスで撮れば、時間の流れを感じやすい映像を撮影することができます。

スクランブル交差点などの人混み

人混みもけっこう面白くて、撮影間隔は0.5秒くらいがおすすめです。時間を短めにしておかないと、写り込んでいる人々がワープしていくので、撮影間隔が長いのはおすすめできません。(iPhoneの場合)

歩道橋の上から撮影しても面白い

歩道橋の上やビルの上からの撮影もおすすめ。

誰かに見せたいならYoutubeやInstagramなどのSNSがイイ

日本でシェアされやすいSNSは、

  • Youtube
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

などが挙げられるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
動画/写真
スポンサーリンク

おすすめのテンプレートや素材のダウンロードサイト

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました