動画編集をするのにQuadroとGeForceのどちらを選べばいいのか

動画編集用パソコンで一番迷うのがGPU(グラフィックボード)ですよね。GPUとかVRAMなど聞いたことない単語がでてきます。NVIDIAではQuadroとGeForceというGPUのシリーズがありますが、パーツ選定するのにいったいどちらを選べばいいのか?

このページではグラフィックボードのコア部分に関して書いていきます。

マウスコンピューター/G-Tune

QuadroとGeForceの違いは何なのか

ひとことで言えばopenGLに対応しているか、していないかの違いです。

QuadroはCAD用ソフト、つまり建築設計や機械設計などで威力を発揮するGPUで、動画編集で使われているCUDAやOpenCLは、GeForceなどのゲーミングGPUでも対応している。OpenGLは限られたソフトしか対応していないので、OpenGLが使われているソフトをどうしても使いたい場合以外は、あまりおすすめできるものではありません。

Quadroはたしかに高性能ではあります。

ではなぜQuadroがおすすめできないかというと、一言で言ってコストパフォーマンスが悪くなってしまうから。Quadroコアを使っているGPUは業務用だけあり、かなり高額なものが多く、同じ価格帯のGPUであればGeForceのコスパにはかないません。

QuadroにあってGeForceにない特徴

Quadroを使う最大の利点は、グラフィックのメモリであるVRAMが大量に搭載されたものがあること。32GBなどのVRAMを搭載したものであれば、メモリが多いぶん一度に大量のデータを扱えるようになります。

Quadroが使われている業界としては3DCGやCAD・CAMなどの設計業務、医療での画像診断などにも使われている。

実は動画編集にもつよいけど…

QuadroもCUDAコアを持っているため、動画編集にも強いのは言うまでもありませんが、それはQuadroが推奨されている場合の話なんです。Open-GL系に特化してあると言うだけで、ビデオカードとしての性能は特別高いわけではありません。ビデオカードの種類が豊富なのは、適材適所で使うためにある。

動画編集ソフトは決まったハードウェアを嫌う

QuadroでVRAMをたくさん積んだものは高いですし、CUDAコアに関してはGeForceとも数はそれほどかわらない。実際のところ映像の編集に使われるソフトは、あまりGPUを選ばない傾向にある。GeForceとQuadroで同じような性能をもったものは、Quadroのほうが価格的に不利な面もおおいのも事実である。

Quadroでの動作認定をしている編集ソフトもありますが、あくまでも業務用のはなしで、あまり一般的ではありません。

広く浅く使われているからこそ、NVIDIAのグラフィックボードを選ぶときは、コストとパフォーマンスのバランスがとれているGeForceシリーズが最適と言えるでしょう。

VRAMのギガ数が多いほうがプレビューでもたつかない

実際のところ、GeForceのVRAMには限界があります。いっぽうQuadroにかんしてはお金さえ出せば、32GBなどの大容量グラフィックメモリを搭載したモデルも有る。

QuadroとGeForceの性能差を実機で検証したサイトがありますが、VRAMの容量が違いすぎて勝負は最初から決まっているようなものでした。

AfterEffectsはGPUでどれくらい変わるのかを検証してみた。:ボン太くんPのブロマガ
こんばんわ、ボン太くんPです。 この度、ちょっと身体の一部分を負傷しまして、全治一ヶ月の間、医者に 「あまりPCとか触...

上記を注意深く見ればわかりますが、レンダリング(書き出し)にしてもプレビュー再生にしても、VRAM容量が多いほうが実質早くなるのがわかります。もしこれからGPUを買おうと考えているなら、新しいパソコンを手に入れようとしているなら、GPUコアだけじゃなくVRAMの容量にも注目してください。

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

おすすめなパソコンはデスクトップですが、BTOショップはノートPCも販売しているから、どうしても持ち運びしたいならノートを選ぶのもあり。しかし、デスクトップで30万円前後のPCと同等のものを探すなら、ノートPCだと50万円くらいは覚悟したいところ。

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-DGZ530H4-M2S5

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックスGeForce® RTX 2060 SUPER™
  • メモリ16GB PC4-19200(カスタマイズで32GB以上にスペックアップするのがおすすめ)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

DAIV-DGZ530 iconはクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

パソコン工房のクリエイター向けモデル

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックス GeForce® 2080 Ti
  • メモリ32GB(16GB×2)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

パソコン工房のSENSE-R041-i9K-XYX-CMG [CG MOVIE GARAGE]はCAD向けのBTOパソコンですが、スペック的には動画編集で満足の行くPCとなっている。価格も税込み30万円なので、グラボが最上級のわりには価格が控えめなのが嬉しいポイント。さらにメモリを増設し64GBにすれば、動画編集において不満点はほぼ無いかと。

パソコン工房で探してみる

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
動画編集用パソコン
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました