4K動画編集に必要なメモリはの基礎知識!何ギガなのか?メモリのスピードは?

 

動画編集用のパソコンのことを調べると、CPUとメモリ、ハードディスク(SSD含む)が大事!なんて書いてありますが、僕は釈然としませんでした。

メモリの種類は複雑で、知りたいことが書いてないんですよね。

ぶっちゃけると、どういった用途で動画編集をしたくて、どこまで編集するのかで必要なメモリの搭載量は変わってきます。

 

そこで今回は、メモリの種類や規格、必要なメモリの搭載量なども詳しく解説していきます。

僕の経験もふまえて、フルHD動画(1080p)や4K動画、複雑なエフェクト盛り盛りでグレーディングしまくりな動画などで、どの程度メモリを積めば快適なのか。

わりと込み入った話までしていきたいと思います。

 

メモリの基礎知識

 

まずは動画編集に絞らずに「メモリとは」といったところから解説していきます。

基礎知識的な部分になるので、普段からパソコンを自作しているような、「おつくりびと」な方たちは読み飛ばしてだいじょうぶです。

 

ちなみに、メモリーではなく「メモリ」ですからね!

 

メモリはRAMとROMのどちらを指すのか

 

パソコンのスペックを見ていると、メモリとして「RAM(ラム)」や「ROM(ロム)」とありますが、スペックを語るときは「RAM」を指します。

RAMにも種類があり、パソコンのメモリに用いられているものは、「DDR SDRAM」と呼ばれる種類のRAM

 

RAM(Random Access Memory)とは、パソコンが動く時にデータを読み込んだり書き込んだりしているメモリです。身近なものに例えると、勉強机のようなイメージでいいと思います。

「教科書を開いて、ノートを広げて勉強する」

この作業スペースがメモリと呼ばれるものです。特徴としては、電源を切ると記録したデータは消えてしまいます。ですが、ROMと違い読み込みと書き込みの両方に使えるので、データの一時保存場所としては最適なんです。

 

いっぽう「ROM(Read Only Memory」の方はと言うと、筆箱や本棚といったところでしょうか。Read Onlyなので、一般的には読み込み専用ですが、パソコンでは(BIOSなどの)設定データの保存に使うために、書き込みもできるROM(フラッシュメモリ)が採用されています。

 

ノートPCとデスクトップPCでメモリ規格も変わる

 

パソコンで使われているメモリは、デスクトップで使われている「DIMM」と、ノートパソコンで使われている「S.O.DIMM」にわかれます。

「S.O.DIMM」や「SO-DIMM」と書かれているものは、どちらも同じメモリです。

以前は「S.O.DIMM」よりも「DIMM」のほうが処理速度が早いと言われていましたが、技術の進歩により現在は速度差がほとんどありません。

 

また、デスクトップPCに「S.O.DIMM」を取り付けるためのアダプターもあるし、Mac miniのようなミニパソコンも「S.O.DIMM」を使っている。

速度や電圧が同等なので、どちらが優れているというわけではなく、スペースに余裕が無ければ「S.O.DIMM」で代用されていたりもします。

 

メモリの規格と容量

 

メモリには世代ごとに規格があり、その規格が違うと互換性はなくなります。

現在主流のものは「DDR4」と呼ばれる規格で、動作速度(クロック・周波数)と容量によって細かく別れています。

DDR4-〇〇〇〇がメモリチップ規格で、PC4-〇〇〇〇と書かれた部分がメモリモジュール規格、8GBや16GBと書かれている部分が容量です。メモリチップとメモリモジュールは対になっていて、どちらか一方が書かれていれば、もう一方は決まってきます。

チップ規格 モジュール
規格
メモリクロック
(MHz)
バスクロック
(MHz)
転送速度
(GB/秒)
DDR4-1600 PC4-12800 100 800 12.8
DDR4-1866 PC4-14900 116 933 14.9
DDR4-2133 PC4-17000 133 1066 17.0
DDR4-2400 PC4-19200 150 1200 19.2
DDR4-2666 PC4-21333 166 1333 21.3
DDR4-3200 PC4-25600 200 1600 25.6
DDR4-4266 PC4-34100 266 2133 34.1

DDR4-SDRAMの規格はこの表以外にも販売されていますが、OC(オーバークロック)したものは省いています。

使われているマザーボードによって、使用できるメモリ規格も変わってくるので、追加で購入する場合には、規格違いを購入しないよう注意が必要。

 

マザーボードを見れば対応メモリがわかる

 

後からメモリを増設しようと思って一番困るのが、メモリ規格をあわせることではないでしょうか。

僕は毎回忘れてしまうので、調べるのに苦労してますが、「CPU-Z」というフリーソフトで確認しています。

規格や動作周波数によっては、取り付け出来ない場合があるので、現在使っているメモリの規格に合わせて増設するのが一番。

CPU-Zについてはコチラのサイトで詳しく解説されています。
CPU-Zのインストールと使い方

CPU-Zで現在使われているメモリを調べたり、マザーボードの品名から搭載できるメモリを調べることもできます。

 

僕が使っているデスクトップPCのマザーボードは、ASUSの「PRIME Z370-A」なので、ASUSホームページから調べることが出来ます。

  • メモリスロット×4
  • Maxメモリ 64GB
  • DDR4

現在使っているのが「DDR4-2666」なので、同じ規格のメモリを増設してあげれば問題ありません。

まぁ、BTOパソコンなら最初から増設しておけば問題ありませんが、後から増設する場合に参考にしてください。

 

動画編集に必要なメモリの選び方

 

動画編集にメモリの容量はたくさん必要ですが、やりたい動画編集の種類によっては、それほど多くのメモリは必要ないケースもあります。

メモリの搭載量が少ないと何が起こるのか?

メモリの量によって変わるのは、編集中のプレビュー再生のコマ落ちが発生しなくなります。特にAdobeのPremiere Proでは、メモリーの搭載量こそが快適な編集作業には重要になってきます。

 

知人のパソコンと僕のパソコンで試したところ、メモリの速度(動作クロック)よりも圧倒的にメモリの搭載量で快適度が違いました。もちろん積めるだけ積んだほうがいいのは言うまでもありませんね。

 

フルHD動画(Youtuber向け)

フルHD程度であれば、16GB積んであれば特に問題になるようなコマ落ちの発生は見られませんでした。

グレーディングや複雑なエフェクトを多用しない限りは、メモリの搭載量は16GBで大丈夫です。

4K動画(カット編集程度)

4K動画を編集したい場合には、最低32GB以上のメモリが必要。

16GBでも試してみましたが、メモリ使用量をモニタリングしてみると、明らかに16GB以上を使おうとします。4K動画のカットや簡単なエフェクト程度であれば、ほぼ無視していいようなコマ落ち程度なので、イライラするようなことも少ないでしょう。

エフェクトなどを多用した動画(映像クリエイターを目指す方)

4:2:2の4K60p10bitなどの重たい素材を編集するなら、32GBでもメモリは足らなくなってきます。

Log撮影をしてカラーグレーディングまで行い、さらに複雑なエフェクト(ズームやスライドエフェクト)を多用しようと思ったら、32GB以上は間違いなく必要になってきます。

仮想通貨が下火になってから、メモリの価格も落ち着いてきたので、かっこいい動画を作りたいかたはメモリを64GB搭載しておきましょう。

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

 

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune
  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i7-9700K
  • グラフィックスGeForce® GTX 1070
  • メモリ16GB PC4-19200SSD240GB
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】
DAIV-DGZ530はクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】
ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

ASUSのクリエイター向けモデルのROG STRIX

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i7-8700K
  • グラフィックス GeForce® GTX 1080
  • メモリ32GB DDR4-2666
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】
ASUSは自社でマザボードやビデオカードなども販売しているので、ASUSのパソコンは他社にくらべ価格的なメリットがあります。 パーツの信頼性も高く、自作派の方の信頼もある老舗のPCパーツメーカーです。 自社でパーツを提供している強みから、パーツごとの相性まで考えられて作られているので、不具合も出づらいのが特徴です。 >ASUS Store Onlineで購入するP

動画編集におすすめのパソコンスペック!グラボとCPUのコア数で勝負!
動画編集におすすめのパソコンはどのようなパソコンかわかりますか?このページでは、映像の編集に使うノートパソコンやデスクトップパソコンについて解説しています。「CPUはどれが良いの?」「ビデオカードの性能は?」「パソコ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント