DJI Ronin Sのバッテリー充電器とバッテリー単体が販売開始

やっとと言うか、ついにというか、DJI Ronin Sのバッテリーグリップと、バッテリー充電器の販売が開始されました。

これで組み上げての充電をしなくても良くなるし、もう一本バッテリーグリップを持っていれば、不意の充電切れにも対応できるようになります。

DJI Ronin Sのバッテリー充電器

Ronin Sを運用していて一番困るのが充電ですよね。

今回販売開始されたのが、バッテリーグリップ専用の充電器で、コレがあればグリップ単体での充電が可能になります。

機能としては

  • Ronin Sのバッテリーグリップを充電する
  • 5vまでの出力ができるので、スマホなどを充電できる

出力もついているので、災害時や非常時に電源としても活躍してくれそうです。(実際に僕は胆振頭部地震の停電で、ドローンのバッテリーを使用しiPhoneを充電しました)

Ronin S Battery Adapterを購入する

Ronin Sの他のアクセサリーを探す

使用方法

Ronin Sのジンバルを載せる代わりに、Ronin-S Battery Adapterをセットします。

充電はUSBタイプCで接続し、iPhoneなどを充電する場合はUSBタイプA出力なので、手持ちのUSBケーブルやLightningケーブルを使用できます。

これでデスクで充電できるようになるので、わざわざ大きいRonin S(Roninシリーズでは小型)を組み上げなくても充電できるようになりそうです。

DJIからRonin S アクセサリーのフォローフォーカスが発売
ついにDJI純正の、どんなカメラやレンズの組み合わせでもフォローフォーカスができる、Focusモーターが販売開始されました!とはいえ、僕が見つけた時にはすでにバックオーダー状態になっていて、どこのショップでも購入できない状態でしたけどね...

Ronin Sのバッテリーグリップ単体販売開始!

こっちが本命の方いそうですよねw

Ronin Sは12時間もの稼働時間があるので、そうそう必要な場面は思いつきません。しかし、プロの撮影現場ではそうはいかないでしょうね。

こんかいDJI Ronin Sのバッテリーグリップが販売開始されたことで、特に山と写真や映像を仕事として撮影している方にはろうほうなんでしょうね。なんと言ってもRonin Sの耐寒性能は-20度なので、寒冷地でも十分運用可能ですからね。

Ronin S BG37 グリップを購入する

Ronin Sの他のアクセサリーを探す

まとめ

こんかいのアクセサリー拡充で、いままで迷っていた方も欲しくなったんじゃありませんか?

Ronin Sを使えば、カメラだけでは到底撮影できない安定した映像の撮影が可能です。

迷っているより使ったほうがいいですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント