DJIからRonin S アクセサリーのフォローフォーカスが発売

ついにDJI純正の、どんなカメラやレンズの組み合わせでもフォローフォーカスができる、Focusモーターが販売開始されました!

とはいえ、僕が見つけた時にはすでにバックオーダー状態になっていて、どこのショップでも購入できない状態でしたけどね。それだけ人気だということなんでしょう。

Ronin Sのフォローフォーカス欲しい!

その前に動画一眼買えという話なんですが、ツッコまないでくださいw

他にもアクセサリーがたくさんでているので、少しづつでも紹介していきたいと思います。

DJI Ronin Sのバッテリー充電器とバッテリー単体が販売開始
やっとと言うか、ついにというか、DJI Ronin Sのバッテリーグリップと、バッテリー充電器の販売が開始されました。これで組み上げての充電をしなくても良くなるし、もう一本バッテリーグリップを持っていれば、不意の充電切れにも対応できるよ...

DJIのフォーカスモーターで出来ること

FOCUSモーターとは、レンズにフォローフォーカス用のレンズギアを取り付け、従来であれば手動のフォローフォーカスを動かしていたものを電動にしたものです。

電動にすることで、ワイヤレスの操作ができるようになり、遠隔操作でフォーカスコントロールすることもできる。各社電動のフォローフォーカスを出してきていますが、DJI Ronin Sの場合は最初のセットでついてくるフォーカスホイールで動かせるのが特徴。

フォーカスモーターの機能

Ronin S専用のフォーカスモーターは、レンズに取り付けたギアを電動で動かせるフォローフォーカスや、電動ズームをするための機材です。

フォーカスモーターとフォーカスホイール(Ronin Sについてくる)が接続して、ギアを介してレンズを駆動します。

  • フォーカス
  • ズーム
  • 絞り(動かせないものがありそう)

フォーカスモーターのセットに入ってくるギアを装着し、電源はRonin Sから有線で接続します。

接続にはカメラのベースになってい部分から電源をとるので、Ronin Sの動きを妨げることはありませんのでご安心を。

フォーカスモーター本体の取り付け方法

フォーカスモーターを取り付けるには、カメラを乗せるベース部分(501PLを入れる部分)の下側にネジ穴があり、そのネジ穴を利用してロッドマウントとロッドを取り付けます。

ロッドへモーターを取り付けたら、Ronin Sのカメラベースから電源を取ります。

動きはとてもスムーズで、Youtubeで見る限りでは遅延なども感じられず、コレなら指先の延長として使えると思います。

まとめ

この記事を書いている時点ではどこも売り切れで、このパターンだとDJIへリマインダー登録をするのが、1番早い入手法かもしれませんね。

Ronin Sフォーカスモーターのリマインダー登録をする

僕もフォーカスモーターほしいんですが、TiltaのNucleus-Nano: Wireless Lens Control Systemも気になってるんですよね。Nucleus-Nanoは現在プレオーダー中なので、オーダーしておけば、モーターとホイールセットだと通常$300のところ$229で購入できるようです。

TiltaのNucleus-Nanoは、まだRonin Sには対応していないようですが、Nucleus-Nanoのページを見てください。Ronin Sに装着している参考画像もあり、販売開始までには使えるようになりそうです。

Nucleus-Nanoはホイールも大きいので操作性はよさそうですが、フォーカスモーターなら完全な互換性があります。

どちらにするかもう少し悩みそうですw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント