ドローン飛行に必要なのはアマチュア無線と三陸特どちらが良いのか

 

はじめて間もない頃や、これからドローンをはじめたい方にはわからないことがたくさんありますよね。

 

ドローンの資格関連もネット上に間違った情報がたくさんありますので、今回は

無線の資格が必要となる場面」や「2種類の資格のうちどちらにすればいいのか?

無線資格に関して解説していきたいと思います。

その他のドローンに関する疑問は、こちらのページでも解説しています。

本当に必要?ドローンを飛ばすのに必要な免許や資格と必要性
ドローンは規制があっても誰でも飛ばすことが出来るって知ってましたか?ドローンを飛行させるには難解な”規制”があり、どのドローンを買えば良いのかよくわかりませんよね?都市部でも室内練習場などで飛行練習は出来ますし、郊外に出れば1番...

ハムと三陸特はなぜ必要なのか

 

ハムは4級アマチュア無線

三陸特は三級陸上特殊無線

 

ネット上ではドローンを飛ばすのに必要ないと言われがちですが、どんなドローンを飛ばしたいかで必要かどうかが変わってきます。

無線資格が必要なケースとしては、ドローンからの映像を無線で飛ばす場合に必要になってきます。

  • FPVカメラからの映像を送信する場合(レースドローンやTinyHoop)
  • 大型ドローンで一眼カメラの映像を送信する場合(一眼カメラの映像を伝送する)

無線資格は、電波を受信するときではなく、電波を発信するときに必要な資格なんです。ドローンに取り付けたカメラに送信機をつけ、操縦者の手もとにある受信機へと送信、受け取った映像をモニターに映し出しています。

 

2.4ghz帯の電波なら無線免許は必要ありません(出力による)が、5.8ghz帯の電波にくらべると遅延があることから、映像の伝送は5.8ghz帯の電波が主流となっています。

 

他の誰かが電波を発信していて、それを受信するぶんには無線免許は必要ありません。

 

 

無線資格だけじゃダメ!無線局の開局も必要!

 

無線資格を取得すれば誰でも電波を送信していいのではなく、電波を送信する「送信機の申請」も必要になってきます。

送信機の申請は「無線局の開局手続き」を総務省に申請します。

 

無線局の開局手続きについては、下記のサイトがとても丁寧に解説してくれています。

[BD]FPVドローンレースまでのステップ③無線局開局の申請方法(電子申請版) | BE INTO DRONE [ドローンメディア]
アマチュア無線4級の免許を取得し、ビデオの送受信機を揃えたら、ようやく無線局開局の申請です。 FPVレースへの参加まであと一歩です! FPVレース参戦までのステップ / 連載 1. FPV映像伝送のためにアマチュア無線4級を取得する 2. ビデオ送信機・受信機を選択、購入する 3. 4. FPVレース用の機体のセッ...

こちらの解説によると

  • アマチュア無線4級以上の資格をとって
  • VTX=電波を送信する機器を買って
  • 保証機関の認証を取得して
  • 総務省に無線局開局の申請をする

引用元:BE INTO DRONE

アマチュア無線以上と書いていますが、映像を商用利用する(業務で映像伝送する)場合は三陸特(三級陸上特殊無線技士)が必要になります。

 

どんなドローンに無線資格が必要なのか

 

ここまでの説明でだいたい想像がつくと思いますが、次のように呼ばれているドローンを飛ばすのに必要になります。

  • マイクロドローン
  • TinyHoop
  • レースドローン
  • 大型の空撮ドローン

はじめにも書いた通り、

  • FPV(First Person View)のための映像伝送
  • 一眼カメラの映像を手元の画面でモニターする

要するに映像を無線電波で送信するときに、送信機の開局手続きと送信機を扱う資格が必要になるんです。

 

まとめ

 

マイクロドローンやレース用ドローンなどでFPVゴーグルをつけての飛行は意外とハードルが高いんです。

もしはじめたいのなら、カメラがついていないモデルで遊ぶび、FPVをやりたくなってから無線の免許を取得しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント