HolyStone HS300を改造してWalkeraのG-2Dジンバルをつけてみた(SYMA X8のOEM?)

海外のYouTubeでトイクワのSYMA X8にWalkeraのG-2D(2軸ジンバル)をつけて空撮している動画をよく見ますが、X8ってHolyStoneのHS300と形がそくりなので、もしかしたらつくんじゃないかと思って買ってみましたw

練習用のドローンなんで空撮までできなくてもいいんですが、やってみたら実用できるレベルになりそうなんで、情報としてシェアしたいと思い書きなぐっておきます。

HS300なら無加工でG-2Dが取り付け可能なので、不安な方はHolyStoneのHS300を練習機として購入すれば手軽な空撮がたのしめます。

このページを読むのが億劫だったら、動画でみてください。

Walkera2軸ジンバルのG-2Dを格安ドローンに無改造で取り付けてみた!

HS300を改造するのに買ったもの

  • Walkwera G-2D
  • 3Sリポバッテリー
  • 2S 3Sリポバッテリー専用充電器
  • アクションカメラ(YouTube用に買っておいたもの)

上記のものだけで滑らかな空撮ができそうです。

購入したものの解説と、純正カメラ・アクションカメラでのカメラテスト動画は下記のリンクから見ることができます。

関連:トイクワで空撮するのにWalkeraの2軸ジンバルを買ってみた

今回はジンバルをつけてのテスト動画までになりますが、空撮テストができたら(風がない日じゃないとテストできません)動画をアップしたいと思っています。

HS300にG-2Dジンバルを取り付ける

もうカンタンすぎて画像だけで説明は不要なんですが、一応解説しておきます。

今回の改造にいたったいきさつ

HS300には純正でカメラマウントと空撮カメラがついてきますが、そのカメラがGoPro互換サイズで色んなアクションカメラをそのまま付けつことが可能なんですが、SJCAMのカメラが良いらしい情報をもとに購入して試してみたのが第一段階です。

しかし、やはり純正のカメラマウント(雲台)ではPhantomのように滑らかな動画と言うわけにはいかず、ドローンの動きに合わせて映像が傾いてしまうんですよねw

このあたりの動画は別にページがありますので、参考にみてください。

なぜ練習用のドローンに重さ200g以上の規制されるHS300を選んだのか

海外の方がYouTubeにあっぷしてるトイクワ空撮動画を見ていたら、Walkeraの2軸ジンバルをつけてPhantom同等とまではいきませんが、わりと品質の高い動画があるんですよね。

Syma X8 teste gimbal walkera G-2D

この動画のようにブレの少ない動画をトイドローンで撮影してみたくて、今回の改造に踏み切った感じですw

購入したもの一覧

  • Walkwera G-2D
  • 3Sリポバッテリー
  • 2S 3Sリポバッテリー専用充電器
  • アクションカメラ(YouTube用に買っておいたもの)

上記のものだけで滑らかな空撮ができそうです。

関連:トイクワで空撮するのにWalkeraの2軸ジンバルを買ってみた

カメラはSJCAMのSJ6 LEGENDなので、手ぶれ補正つきで4K動画を撮影でき、GoPro互換なアクションカムは種類がありますが、SJ6が最安だと思います。

HS300なら無加工で2軸ジンバルがつけられる

買ってから取り付けるまで不安だったんですが、できました!

セットでついてくるHS300のカメラマウントを取り外してから、G-2Dのベースプレートを本体から外して元からあるネジで止めるだけです。まさかネジ穴の位置までピッタリだとは思っていなかったんで、ちょっと嬉しかったですね。

ジンバルのバッテリーは3Sリポバッテリー

コネクター形状は画像を参考にしていただきたいのですが、調べたらJSTコネクタというタイプのようです。コネクタ形状は数種類あるので、不安な方は別で書いているページを参考にしてください。

参考:トイクワで空撮するのにWalkeraの2軸ジンバルを買ってみた

ジンバルの動作電圧は7.4v~28vのようですが、今回うまく動いたのは3Sリポの11.1vでした。

バッテリーを購入するときは2Sリポと3Sリポでは、充電のコネクタ形状が違うのでセットでリポ専用充電器を買っておいたほうがいいと思います。リポバッテリーは扱い方を間違えると発火のおそれがあるので、取扱には十分注意してください。

参考:ドローンの使うリポバッテリーは間違った取扱で発火する?

G-2Dは電源を繋げば勝手に機能してくれます

リポバッテリーをつなげばジャイロセンサーが動き出し、数秒すると画像のように水平になります。ジンバルが動いてるのに水平になっていない場合には、調整して水平にしてあげましょう。

下記の画像を参考にして調整してください。

V1でカメラのチルト調整

V2でロールの調整

まとめ

HS300に限らずトイクワやホビードローンのたぐいはカメラが固定されているので、PhantomやMAVICのような映像は絶対に撮れないし、トイクワよりも値段が高いものを買うくらいならMAVICを買ったほうが満足度は絶対に高いです。

どうしても高くて手が出ないけど、低予算で空撮がしたいなら、海外でも一定の評価がついているCX-20なんかが良いと思います。CX-20ならWalkeraのG-2Dでカメラのチルトもできるし、GPS付きで安定した飛行ができます。

Cheerson Cx20: Tutorial instalar GIMBAL WALKERA G-2D en Español

もしかしたら、セットのプロポではカメラのチルト操作ができないかもしれませんが、YouTubeを見る限りは同じ機種だと思います。

追記:SYMA X8のランディングレッグ(脚)を購入してみた

もしかしたらSyma X8のOEMではないかな~?と思って購入してみたランディングレッグ(脚)がこちらです。

結果をご報告するとダメでした。。。。(´;ω;`)ウッ…

ボディとレッグの取り付け部分が合わないんです。。。HS300はOENじゃなくてHoly Stoneオリジナルのドローンですね。

追記

HS300よりもオススメのドローンが登場してしまいました。同じHoly stoneなので、サポートなども心配いりませんし、こちらはなんとGPS搭載なのに価格は24,000円を切っています。

練習用トイクワの決定版GPS搭載で長距離飛行できるHS100を購入しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント