格安SIMでドローンは使えるのか

僕はドローンを購入する前に、格安SIMのマイネオにしていた。正直なところ、格安SIMでもだいじょうぶか不安だったんですよね。

結論から言うとまったく問題なく、むしろギガを節約できるからおすすめ!

 

ギガを節約できると言っても、バースト機能(通信の最初だけ高速通信になる)がある格安SIMがおすすめなんで、いろいろと調べてみました。

 

格安SIMでドローンは使えるのか?

 

格安SIMとは、ドコモなどのキャリアから通信回線をレンタルし、より低価格で提供している通信会社です。通話も通信もでき、普通のスマホと変わらなく使えますが、混雑している時間帯では通信が遅くなることも。

5ギガの通信量で「かけ放題」を付けない状態だと、ドコモとマイネオを比較したら約半額で使えてしまうんです。

 

僕はマイネオで6ギガの契約をしていて、通話料はかかりますが毎月2,280円+通話料で使えていますよ!

でも、あまり安いとやっぱり不安ですよね。

 

ドローンを飛ばすのに通信は必要なのか

 

ドローンといっても様々で、通信が必要なものと必要ないものがあるのを知っていますか?

 

トイドローンやホビードローン

おもちゃのドローンでも通信が必要なものもありますが、それはアプリをダウンロードしたり、アップデートする時にしか使いません。

マップ表示できるドローンがあったら、マップの表示にも通信が必要になります。

DJIやParrotのドローン

DJIやParrotのドローンでは、飛行前にも飛行中にもスマホでの通信が必要になります。

  • 機体ファームウェアの確認
  • 送信機ファームウェアの確認
  • 現在地のマップ表示

DJIドローンでは、オフラインマップ(通信を必要としない地図)が使えると案内がありますが、日本国内ではオンラインマップしか使えません。

 

バースト機能でもマップ表示は問題ない

 

1番通信量を使うのがマップ表示。

僕はGoogleマップをカーナビの代わりにつかってるけど、マイネオでも普通に使えるし、一度マップを表示してしまえば制限モード(通信が遅い)でも立派に使えている。

もちろんドローンフライトナビのような、飛行規制確認用マップでも制限モードで使えています。

 

マップを表示させる時にギガを少し使いますが、その後はほとんどギガを使わないため、低速通信のままでも飛行することができる。

 

それでも不安なんでバースト機能があるマイネオのSIMを選んだんですけどねw

 

バースト機能があるオススメの格安SIM

 

乗り換え方法なんかはググれば出てくると思うから、バースト機能があるオススメの格安SIMの紹介だけしておきます。

  • IIJmio
  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル

僕が調べた中で評価も高いのが上に書いてある格安SIMですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント