動画編集するパソコンに搭載するメモリは64ギガあれば十分戦える

動画編集におけるメモリ搭載量は、ネットで見ると「16GBあれば十分!」などと書かれていますが、いまいち納得出来ないですよね。

実際に自分で編集してみると、32GBでギリギリかな?と感じます。

 

個人で編集するぶんには、メモリがあればあるほど良いと思っています。

 

実際には、どんな編集ソフトを使い、どういった解像度やフォーマットの映像を編集するかによって変わります。また、一言で動画編集といっても、ノンリニア編集(一般的な動画編集)なのかコンポジット系(VFXや合成をする編集)の編集かでも変わりますから、自分のやりたい編集にあわせて決めるのが吉ですね。

ノンリニア編集とは、パソコンで行う編集箇所を問わない編集方法で、非直進性の編集方法になります。

動画編集におけるコンポジット系とは、Adobe After EffectsのようなVFXや合成を行うためのソフトのことを指します。

動画編集用パソコンに必要なメモリ搭載量

 

「メモリ搭載量は積めるだけ!」

と、言いたいところですが、懐事情もありますからねw

編集アプリごとに推奨メモリも変わるし、どんな解像度の編集をするかでも変わってきます。

 

また、OSが32bitか64bitかでも変わるし、OSのバージョンでも最大搭載量が変わりますよね。一般的には64GBが最大の搭載量と考えても問題ないので、64GB積めるかたは64GBにしておけば解決します。

 

編集アプリ別の推奨メモリ搭載量

 

動画編集アプリには有名なものがいくつかありますが、ここではよく使われているものを掲載しておきます。これからの動画編集は4Kが主流になるでしょうから、4K動画編集をする前提の推奨スペックで書いていきますね。

 

Adobe Premiere Pro 32GB(実際には64GBのほうが良い)
Davinci Resolve 32GB
EDIUS Pro 8GB以上
Adobe Premier Elements 16GB以上
AviUtl(無料動画編集アプリ) 16GB

 

ここに上げたアプリは俗にいう「ノンリニア編集アプリ」なので、メモリ搭載量も控えめですが、Adobe After Effectsのようなコンポジット系アプリを使うのなら、64GB以上一択なのは覚えておいてください。

例えばEDIUS ProだとメモリよりもシステムのメインSSDに、Davinci Resolveであればグラフィックボードの要領を増やしたほうが編集が楽にできるようになります。

例外的にAdobe Premiere Proだけは、パソコンのスペックを最高の状態で購入することをおすすめしています。

 

なぜ64GBなのか?それ以上は積めないのか?という疑問がわくと思いますが、64GBという容量はマザーボードとメモリ1枚あたりの容量からきています。動画編集用パソコンの購入費用から逆算すると64GBがコスパ的に

  • 64GBのメモリ価格⇒100,000円前後
  • 32GBのメモリ価格⇒45,000円前後
  • 16GBのメモリ価格⇒15,000円前後

このように、容量が増えると価格も現実的ではなくなってきます。

 

Windowsで現在主流のマザーボードに取付可能なメモリの枚数は4枚です。(ハイエンドマザーボードなら8枚)64bitのWindows8以降であれば、最大で128GB以上も搭載可能ですが、どのパソコンでもという話なら最大64GBと考えておいたほうが無難です。

32bitのWindowsではメモリが4GBまでしか認識しないので、動画編集をする場合は64bitOSを選ぶようにしてください。

 

映像の解像度からみたメモリ搭載量

 

「僕はFullHD動画しか編集しないよ!」

ということであれば、先程の表で掲載したメモリ搭載量の半分も見ておけば編集に困ることはないでしょう。実際に僕は16GBしか積んでいませんが、FullHDの動画編集であれば特に不満は感じていません。

 

しかし、16GBでできる編集は映像クリップの数が少ない時や、テキストをあまり入れない編集でのお話です。

 

快適な編集作業とは、編集した結果をプレビューした時にコマ落ちしない(なめらかに動くこと)環境の話しで、コマ落ちしてしまうと結構なストレスになります。

複雑な編集をしてコマ落ちさせたくないなら、メモリは最低でも32GB積んでおきましょう。

 

これが4K動画編集ともなると、ざっくりと倍の64GBがストレスを感じない最低条件となります。

ようは積めるだけというやつですすねw

 

動画編集用パソコンのメモリ搭載量まとめ

 

結局は16GB×4枚が快適ですが、それは4K動画を快適に編集する目安で、動画編集をしたいだけなら16GBでも問題はありません。

「とりあえず動画編集をはじめてみたい!」

ということであれば、今お持ちのパソコンでいいから、まずは始めることが大事だと思います。

 

「パソコンのスペック的に無理かも…」

なんて悩むよりも、はじめてしまいましょう!

 

動画編集におすすめのパソコンスペック!グラボとCPUのコア数で勝負!
動画編集におすすめのパソコンはどのようなパソコンかわかりますか?このページでは、映像の編集に使うノートパソコンやデスクトップパソコンについて解説しています。「CPUはどれが良いの?」「ビデオカードの性能は?」「パソコ...

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

 

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i7-9700K
  • グラフィックスGeForce® GTX 1070
  • メモリ16GB PC4-19200SSD240GB
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

DAIV-DGZ530はクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

ASUSのクリエイター向けモデルのROG STRIX

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i7-8700K
  • グラフィックス GeForce® GTX 1080
  • メモリ32GB DDR4-2666
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ASUSは自社でマザボードやビデオカードなども販売しているので、ASUSのパソコンは他社にくらべ価格的なメリットがあります。 パーツの信頼性も高く、自作派の方の信頼もある老舗のPCパーツメーカーです。 自社でパーツを提供している強みから、パーツごとの相性まで考えられて作られているので、不具合も出づらいのが特徴です。 >ASUS Store Onlineで購入するP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました