DaVinci Resolveの推奨スペックとBTOパソコンがおすすめな理由

カラーグレーディングを取り入れた動画編集アプリの中でもっとも有名なソフトがDaVinci Resolveです。ハリウッドなどのシネマ編集をするプロの中でも「カラリスト」と呼ばれるカラーグレーディングの専門家も使っているソフトウェアとなっている。

DaVinci Resolveは高機能なノンリニア編集アプリで、プロから子供のイベント動画を編集するお父さんまで使っているアプリでもあります。そこで気になるのがパソコンの推奨スペックなんですが、メーカーのBlackmagic Design(以下BD)からは公表されていません。マウスコンピュータなどのBTOめーかーからDaVinci Resolve推奨スペックのパソコンなども販売されているので、そういったパソコンスペックを目標にして探すしかありません。

DaVinci Resolveの細かい推奨スペックなんてものは無い!というのが正解なんです。

 

Blackmagic Designが公表している推奨スペック

冒頭で「推奨スペックなんて無い!」と書きましたが、大雑把なスペックというものは存在しています。

対応OS Windows,Mac OS,Linux
CPU
  • FHDなら8スレッド(4コア)Intel CPU
  • 4Kなら32スレッド(16コア)Intel CPU
  • 8Kなら64スレッド(32コア)Intel CPU
システムメモリ 16GB以上,32GBでスムーズなVFX対応
GPU
  • FHDならNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
  • 4KならNVIDIA GeForce RTX 2080Ti 11GB
  • 8KならNVIDIA Quadro RTX 6000 24GB

 

CPUはintel一択

4K編集の推奨CPUが16コアとなっていますが、16コアというとワークステーション用のXeonとなってしまいます。DaVinci Resolveに限らず動画編集にはCPUのクロック数よりも、CPUのコア数(スレッド数も)が重要なので、予算が許す限りいいものを導入しましょう。実際にはCore i9 9900Kであれば十分快適に作業できます。

最近ではAMDのRyzenの進化が目覚ましいですが、DaVinci Resolveに関してはintelのCPUとの相性が良いようです。

CPUクロックも重要なので、あくまでも動作クロックとコア数のバランスをみてCPUを決めましょう。
動画編集用のパソコンで抑えるべきCPUのチェック項目!コア数が多いCPUほど編集能力が高い!
動画編集用のパソコンで重要なもののひとつにCPUがあります。CPUというのは人間の脳みそに当たる部分で、動画編集の環境を快適化させるためにも少し贅沢をしたいポイントでもあります。しかし、価格も高くランクの高いCPUならいいわけでもなく、...

これからGPUを選ぶならRTXシリーズが良い

DaVinci Resolveが動くパソコンでどのパーツが重要なのか。簡潔に言うとGPU>CPU>RAM(システムメモリ)なんです。OSについてMacかWindowsかの論争もあるけど、MacにくらべWindowsマシンのほうがコスパはかなり良いとだけ言っておきます。加えてBlackmagic DesignではGPUがAMDかNVIDIA GTX 1060以下ではDaVinci Resolveでの4K編集は向かないと名言しています。

GTXのフラッグシップモデルGTX 1080iを買うくらいなら、RTX 2070のほうがDaVinci Resolveとの親和性が高い。4K60pでの編集をメインに考えているなら、さきほど紹介したマウスコンピュータのDaVinci Resolve推奨スペックのパソコンでも十分快適に作業できるスペックだということがわかりますね。

まだグラフィックボードで消耗してるの?動画編集とGPUの素敵な関係
動画編集をするときに最も大切要素だと言われるのが、パソコンのスペック(性能)ですよね?実はスペックだけ追い求めても、無駄なお金を使い損をするだけです。時間もお金もね。僕が1番重要だと思うのはGPU(グラフィックボード)なんです。...

もしまだ悩んでるなら、おすすめの動画編集用パソコンの選び方も読んでみてください。

動画編集におすすめのパソコンスペック!グラボとCPUのコア数で勝負!
動画編集におすすめのパソコンはどのようなパソコンかわかりますか?このページでは、映像の編集に使うノートパソコンやデスクトップパソコンについて解説しています。「CPUはどれが良いの?」「ビデオカードの性能は?」「パソコ...

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

 

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i7-9700K
  • グラフィックスGeForce® GTX 1070
  • メモリ16GB PC4-19200SSD240GB
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

DAIV-DGZ530はクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

ASUSのクリエイター向けモデルのROG STRIX

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i7-8700K
  • グラフィックス GeForce® GTX 1080
  • メモリ32GB DDR4-2666
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ASUSは自社でマザボードやビデオカードなども販売しているので、ASUSのパソコンは他社にくらべ価格的なメリットがあります。 パーツの信頼性も高く、自作派の方の信頼もある老舗のPCパーツメーカーです。 自社でパーツを提供している強みから、パーツごとの相性まで考えられて作られているので、不具合も出づらいのが特徴です。 >ASUS Store Onlineで購入するP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント