真俯瞰で撮影するためにスライディングアームを買ったから選び方など

せっかくYoutubeチャンネルを持っているので、もっと活用すべく俯瞰撮影用の機材を買ってみた。スライディングアームだけをオススメしているところが多いから、僕が商品撮影なんかで得た知識をシェアできたらと思い、他とは違う機材を紹介したい。

僕は趣味の延長でスタジオ撮影に近いことなんかもやってるから、きっと誰かのやくにたつと主もいます!

マウスコンピューター/G-Tune

真俯瞰から撮影するための機材

真俯瞰とは、上記の写真のように真上から撮影したものです。こういった撮影をするには、三脚にライトブームのような機材を取り付け撮影しますが、スタジオ機材のウェイトなどを使うと転倒のリスクを低減しつつ、撮影に集中することができるんです。

Youtubeやブログなどで俯瞰撮影(上からの撮影)をよく目にするけど、真俯瞰からの撮影はみなさんどうしいてるんでしょう。機材の種類は知ってるけど、これ以上機材にお金をかけたくなく躊躇していたけど、ついにポチっちゃいました。

ネットを徘徊していて目にするのは、三脚のセンターポールを横にむける方法と、ベルボンやスリックのアームを使う方法。今回ぼくがオススメしていのは、アームに秘密兵器をつけたし撮影するほうほう。

スライディングアームを延長し真俯瞰からの撮影を楽にする

正直なとこ三脚のセンターポールを延長するだけでもいいんだけど、スライディングアームを延長したほうがセッティングが楽になるからオススメ。参考写真のように50cmくらいの高さから撮影するときには、スライディングアームのみだと三脚の脚が写り込みしてしまう。だから延長してウェイトをつけることで、転倒を防ぎつつ宙に浮かせることが可能になる。

使うものは

  • 中型以上の三脚
  • スライディングアーム
  • 延長するためのもの←秘密兵器
  • ウェイト(サンドバッグなど)

上記の機材とカメラがあれば楽に撮影できるようになる。僕はサンドバッグタイプのウェイトは好きじゃないから、マンフロットのパイプに挟んで使うタイプを使用しています。ズレたり外れたりといった心配がないからオススメ。

なぜ中型以上の三脚が必要になるのか?理由は安物の小型三脚やトラベラー三脚だと、カメラブレ(手ブレ的なやつ)がおきてしまうから。また、どうしても上が重くなるために、転倒の危険もあるためできるだけ大きめな三脚をおすすめしている。なんでも基礎が大事だし、大切なカメラを壊したくないからね。

スライディングアームだけじゃ不十分な理由

なぜぼくがスライディングアームを延長して使っているのか。理由は単純でスライディングアームだけだと35mm換算で焦点距離35mmよりも望遠側でしか使いづらいから。テーブルトップで動画撮影する場面なんかだと、どうしても換算24mm前後で使いたくなりますからね。僕が最近アップしている動画では、フルサイズミラーレスを使い24mmの画角で撮影しているから、どのくらいの範囲を映せるのか参考になるかもですね。

延長して使うことで広角レンズでも撮影できるようになるから、撮影の幅がグンッと広がること間違いなし!!!

もし延長する場合、ウェイトを重めのもjのにしておかないと、支点と力点(学校の授業で習ってるはず)の関係で三脚ごと倒れちゃいますからね!Manfrottoのウェイトは1.3kgのやつと4.3kgのやつがあるから、軽い方を2つ持っておくのが対応できる幅が広くなり、いいかもしれません。僕も買っておこうかな…

真俯瞰撮影のセッティング例

どうやってセッティングしているか想像しづらいかた向けに、僕がやっている設置方法を紹介しておきます。おおよそのサイズ感がつかめるように、A4のコピー用紙を置いてどんなレンズでどのくらいの距離から撮影したらいいのか?というあたりを伝えられたらと。

  • 撮影距離(テーブルからカメラまでの高さ)
  • 使用レンズの焦点距離
  • A4の紙がどのように写るか

カメラの高さはセンサー位置などで考え方は変わりますが、ここでは本体の高さとして計測しておきます。ボールヘッドの中心部は、カメラの三脚穴とほぼ同じ位置なので、計測場所は参考写真の位置で決めました。

高さは約60cmといったところでしょうか。レンズは24-105mmで、撮影自体はワイ端の24mmで写しています。

高さはそのままに、A4コピー用紙を置いて撮影してみました。画面のおおよそ半分くらいの面積に写っています。

A4コピー用紙を2枚合わせているから、面積はA3となります。この状態でも周辺にまだ余裕がみられますね。

A4コピー用紙4枚分なので、面積としてはA2の範囲になります。24mmのレンズでフルサイズセンサー、高さは60cmでA2の範囲が限界となります。

三脚の高さを上げればまだ広い範囲を写すことは可能ですが、三脚の脚が映り込むのでA1の面積くらいが限界かもしれません。また、真下を向いているからズームレンズだと自重で伸びることもあります。

できれば単焦点レンズがいいですが、ズームロックできるズームレンズでも問題ないですね。

セッティング例で使用した撮影機材

僕が俯瞰撮影するのに使っている機材を紹介しておきます。まるっきり同じものを使う必要はないけど、迷っているなら同じものを買ったほうがいいと思う。もし華奢な三脚しかないなら、あとあと三脚もいいものが星ですね。

僕は現在使っている三脚でも撮影自体はできるけど、やはりもっとがっしりした大型三脚がほしいです。

スライディングアーム

延長して使うからスライディングアームは金属製で信頼できる機材を選びたい。他の機材の詳細はわかりませんが、SLIK スライディングアーム2のように、上下に移動させる部分が菊座になっているようなしっかりしたモデルを選びたい。スラおディングアーム2が気に入らないのなら、VelbonのV4-unitがいいかもしれません。

Manfrottoのウェイト

重量をかけカウンターバランスをとるためにウェイトを使います。僕が知る限りではサンドバッグタイプのものや鉛のバーを入れて使うもの、そして僕がおすすめしているパイプをクランプして使うウェイト。大事なカメラを守るためにもカウンターバランスには締め付けて固定できるタイプがいいと思います。

ジンバル延長グリップ

僕は3軸カメラジンバルのグリップを延長するものを使いました。基本的にカメラ重量をささえられるものであれば問題ないから、とにかく太めの安心できるものを選びたい。三脚のセンターポールを延長するためのものでもいいけど、三脚の延長アクセサリーだと横に向けることがないぶんペイロードには不安が残るかも。ジンバルは横に向けて使うこともあるから、そういった意味でもジンバル延長グリップはいい選択だと思ってる。

俯瞰撮影に使う機材まとめ

俯瞰撮影の中でも難易度が高めになっている真俯瞰撮影ですが、ちょっとしたものなら手持ちでいいけど、動画だとブレが気になる。まえから真俯瞰撮影はしたかったから、僕の経験をふまえて機材をチョイスしてみました。最高峰はジブクレーンでしょうが、個人で使う機材じゃないですからねw

ここに書いてあることをふまえ、真俯瞰に必要な機材を選んでくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カメラ
スポンサーリンク
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました