DJI GOアプリでのOSMO MOBILEの使い方

このページではDJI GOの使い方をOsmo Mobile 2を例にとって便利なオプションや、あると捗るツールなどを紹介していきます。

Osmo Mobile 2のはじめかた

Osmo Mobileなどのカメラスタビライザーはスマホと接続し、専用アプリを使うことでスタビライザーと連動させた機能を使うことができます。機能を使うためには初期設定やファームウェアのアップデートをしないと使えません。

他にも持っていると便利なアクセサリー購入しておきましょう。

OSMOのカメラを動かすにはiPhoneがないと使えない

OSMOはOSMO Mobileの元になっている電動ジンバル一体型のカメラで、一見するとOSMO Mobileのようにスマホを使わなくても撮影できそうなんですが、OSMOもiPhoneなどのDJI GOアプリに対応したスマホがないと使えません。

Amazon

レビューなどでOSMOの電源が入らないと書いてあるのは大概DJI GOを使って起動させていないので、使えなくて当然です。そのおかげかOSMOの評価は低めになっていますね。こんなにコンパクトで性能がいいカメラはあまりないという印象です。一眼レフと電動ジンバルを購入するよりもコスパは高そうです。

OSMOはバッテリーが1時間程度しかもたないので、予備バッテリーだけではなく外部電源を使えるオプションもおすすめです。

DJI GOを使って思い通りに撮影する

Osmoは専用のアプリケーションであるDJI GOを使って特殊な撮影も自動で行うことができます。特におすすめなのが、機械任せでムービー撮影できるタイムラプスやモーションラプス、ハイパーラプス、さらにフォトモードではスマホだけでは難しいパノラマ自動合成や超広角撮影もOsmoが自動で撮影してくれます。

電動ジンバルの選び方へ戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で