Osmo Mobile 2でiPhoneを充電しながら撮影する

オスモモバイル2を買ってからなんどかテストで撮影していますが、DJI GOアプリで撮影していると電池の減りがめちゃ早いんですよ!これは困った、ということでオズモモバイル2とUSBケーブルでつないで充電しながら撮影しようと思ったんですが、普通のライトニングケーブルでは上手くバランスがとれないんです。

いろいろ調べた結果L型のライトニングケーブルを使えばできそうだったので、試しに購入して上手くできたので書いてみようと思います。

マウスコンピューター/G-Tune

オズモよりiPhoneの充電が先に無くなる

OSMO mobile 2の連続使用時間は驚きの15時間!いっぽうiPhoneはバッテリーが切れてしまうので、15時間も撮影できません。特にタイムラプスやモーションラプスを冬の寒空のもと撮影しようものならマッハでiPhoneがご臨終ですw

オズモ2は1日持ち歩いても充電切れしないんですけどね。

OSMO mobile 2からiPhoneに充電しながら撮影ができる

初代OSMO mobileにはスマホ用のUSB出力はなく、L型のケーブルを使いモバイルバッテリーで充電しながらというスタイルでした。ところが、OSMO mobile 2にはmicro USBと普通のUSBがあるので、オズモにはモバイルバッテリーから、スマホにはオズもから給電しながら撮影ができるんです。

初代から考えると画期的なことで、撮影中のバッテリーの心配をしなくていいのはナイスなポイントですよね。

充電関連のおさらい

OSMO mobile 2への充電はハンドル横のマイクロUSBポートから充電が可能で、最大入力電流は2Aまでです。

スマホへの充電は、ハンドルの背面にあるUSBポートからスマートホンへ充電用の出力が可能です。USB給電の出力は5V、1.5Aなので一般的なモバイルバッテリーと同じ出力なので、安心して利用できます。

オズモ2をモバイルバッテリーの代わりに使う方法

お出かけ中にiPhoneの充電がなくなってもオスモ2があれば充電することもできます。

実はスタビライザーとして起動しなくても、スマホへの給電ができるようになっているんです。使い方は、通常オズモ2を使うときには電源ボタンを長押しします。モバイルバッテリー代わりに使う場合は、USBケーブルでオズモ2とスマホをつないでから、オズモ2の電源ボタンを短く1回押せば給電を開始します。

iPhoneのPlusモデルは重いけどL字型Lightningケーブルでバランスはとれる

いろいろ調べてみましたがiPhone8Plusでもバランスをとることはできるようなので、僕のiPhone6sは余裕ですね!なんて思っていたのですが、いざ撮影をはじめてみると電池の持ちがいじょうに悪い(iPhoneの方)ので、充電しながら撮影できることを思い出してライトニングケーブルを挿そうと思ったら無理でした。。。

そこで購入したのがこちらのL型に曲がったライトニングケーブルなんです!

L字型になったライトニングケーブルも種類があって、一番コンパクトなものを選びました。

iPhoneを充電しながらOsmoも充電できる!

オスモモバイル2にmicroUSBでモバイルバッテリーから充電しつつ、オズモからiPhoneに充電できるので、長時間のタイムラプスやモーションラプスの撮影でも電池が切れる心配もないし、旅行中なども安心しながら撮影できます。

オズモだけでも15時間の撮影ができるようですが、スマホを充電しながら撮影するならモバイルバッテリーも一緒に持っておいたほうがまちがいありません。

最近ならiPhone Xが無線充電に対応しているので、Qi ワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリーがおすすめですね。

さいごに

今回無事に充電しながら撮影出来るようになったので、時間ができたら長時間のモーションラプス(といっても数分ですが)や、先日チャレンジして失敗したハイパーラプスの撮影にも挑戦してみようと思います。

さいごに今回購入したケーブルをもう一度紹介しておきます。

Osmo Mobile 2の使い方を見てみる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
レビュー
スポンサーリンク
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました