Lマウントコンバーターのmc-21開封レビュー!これでキヤノン製レンズをS1で使える!

LマウントのLUMIX S1が発売してすぐ、同じくLマウントアライアンスに参加するSIGMAより、Lマウント専用のマウントコンバーターmc-21のアナウンスがありました。mc-21とはSIGMAのSAマウントと、EFマウントに対応したLマウント専用のマウントコンバーターです。

 

SONYのFEマウントに対応したmc-11マウントコンバーターも、CANONのEFレンズが動くとネット上にあるので、僕も迷わず予約しました。結果はCANONのEFレンズも動くのですが、AFはかなり遅いです…ジーコレンズ並と言えばわかる方にはわかるかとw

mc-21の開封

入っていたのは製品保証書と取扱説明書、保証書に貼るための保証書シール。

箱は2重になっていて、中蓋を開けるとmc-21が出てきました。

ちなみに僕が購入したのはEFマウントバージョンですが、中古のレンズを狙うならSAマウントバージョンの方が良いかな?と思っています。なぜなら、ヤフオクやメルカリでEFマウントのレンズよりも低価格で出品されてるので、EFマウントに縛りが無いのならお得かも。

 

とはいえ、Lマウントのカメラを購入するようなかたがボディー1台ということはないでしょうがw

mc-21で使えるレンズやアップデート情報などは、SIGMAのサイトで確認してください。

マウントコンバーター | アクセサリー | SIGMA GLOBAL VISION
USB-DOCK、TELE CONVERTER、FILTER、MOUNT CONVERTER、FLASH、TRIPOD SOCKET

すべてのSIGMA製レンズが動作保証されているわけではなく、おもにArtラインやSportsラインが対象のようです。とはいえ、AFが遅くても構わないのであれば、ほぼすべてのレンズが動くと予想されます。(持っていないので検証できません。)

mc-21の外観

 

外観上はいたって普通のマウントコンバーターですが、ちゃっかり「SIGMA LENSES ONLY」と書いてありましたw

レンズ取り外しボタンはスライド式で、ボタンのすぐ横には対応レンズの装着がわかるLEDがあります。LEDは点灯色や消灯で対応レンズかどうかがわかるようになっているので、レンズアップデートの必要性なども一目瞭然。

三脚座は六角ボルトで固定されているので、付け外しは面倒ですね。

 

mc-21をボディに付けたときの外観

また、バッテリーグリップが無い状態のボディに装着すると、カメラ底面よりもmc-21のほうが出っ張る感じになっています。

mc-21に付けられるEFレンズ

僕が試したレンズはこちら

  • キヤノン製EFレンズ
  • EF-Sマウントレンズ
  • キヤノンのEFマウントEXTENDER EF2×ⅲ

気になる方がいるかはナゾですが、僕が関心したのはEF-Sレンズの装着ですかね?mc-11では物理的につかないと書かれたブログを見ていたので、レンズを付けられたのは素直にうれしいかも。

LUMIX S1は4K60pで撮影するときには、画角がAPS-Cとなり1.5倍クロップだから、安価なEF-Sレンズでしばらくは運用できそうです。

 

EF EXTENDER EF2×ⅲの方は普通のEFマウントなので、なんの問題も無く取り付け可でした。

 

感心したのがLUMIX S1の画質で、CANONのカメラではまったく解像しなかったEF 100-300 f4.5-5.6という古いレンズでもそれなりに解像していました。EOS 7DとLUMIX S1の比較画像を撮影したらアップしておきます。

 

EF-Sマウントレンズを付ける時の注意点

僕が試したのはEF-S 10-22mm f3.5-4.5なんですが、レンズ後端のゴムリングとmc-21の隙間に厚紙が入るか入らないかといった感じでした。もしEF-Sレンズを試すときには、慎重に装着してくださいね。個体差でレンズとmc-21が干渉するかもしれないので。

また、SIGMA製のレンズみたいに自動でAPS-Cになるわけでもないので、写真を撮影すると周囲はせいだいにケラれますwしかし、LUMIX S1の4K60p映像は、センサーをフルにつかわずAPS-Cとなるので4K60p撮影するときには重宝しそう。

 

キヤノン製レンズを付けた時のAFの動き

EFレンズ自体は普通に装着できますが、AFはかなり遅くなります。

装着できたレンズ

  • EFマウントレンズ(フルサイズレンズ)
  • EF-Sレンズ(APS-Cレンズ)
  • Extender

の3種類で、EF-Sに関してはレンズ後端がギリギリで、厚紙が入るか入らないかくらいしか隙間がありませんでした。個体によっては装着できないなんてこともあるかもしれません。EFレンズとExtenderに関しては、レンズ後端のクリアランスも取れており、取り付けにはなんら問題なし。

とにかくAFが遅いので動きものの撮影(飛行機や野鳥)には厳しいですが、じっくり撮影するぶんには良いでしょうね。Lマウントのレンズラインナップはこれからなので、少しでも使えるレンズが増えるのは本当にありがたいです。

 

また、動画撮影ならフォローフォーカスで対応したり、フォーカス固定で使ったりするから現状はあまり困ることも少ないかも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント