Premiere Proを使う上で覚えていると便利なちょっとしたテクニック

PremierePro

Premiere Proではショートカットで様々なツールやコマンドを実行できますが、すべて覚えるのは大変すぎます…そこで僕が普段使っているカスタムしたショートカットや、編集時に役立つショートカットを中級編としてまとめておきます。

すでにショートカット一覧は作成してますが、まだまだたくさんのショートカットやカスタマイズの方法もあるので、自分でオリジナルのショートカットを作れるようにしておきましょう。

Premiere Proで編集速度を上げるためのショートカット一覧
ここでは覚えておきたいショートカットを一覧表にまとめています。ショートカットは半角英数で入力する必要があり、日本語入力環境とは少し相性が悪いですが、覚えておくことで動画編集スピードが格段にアップすること間違いなし!ショートカットはW...

マウスコンピューター/G-Tune

ショートカットのカスタマイズと最初にしておきたい設定

ショートカットのカスタマイズというとなんだか難しそうですよね。

Premiere ProのショートカットはGUI(グラフィックユーザーインターフェイス)で確認や設定ができるので、ショートカットの設定画面を一度は確認しておいたほうが良いと思いますよ。

 

ショートカットの設定画面の開き方

ショートカットの設定画面を呼び出すのもショートカットを使うことができます。

  • 上部メニュー「ファイル」⇒「編集」⇒「ショートカット」
  • キーボードでCtrl+Alt+K(ショートカットで呼び出す方法)

上記いずれかの方法でショートカット画面を呼び出しましょう。

最初に設定しておきたいショートカットはフルスクリーン化

僕が1番おすすめしているカスタマイズが、プログラムパネルのフルサイズ化。

プログラムパネルで再生したりプレビューする時に、ショートカットを設定しておけばフルスクリーンにしたり小型化したり何かと便利です。プレビューのフルスクリーン化はデフォルトのショートカットでは設定がなく、自分でカスタマイズして作らなければならない。

 

この項を真似して設定すれば、自分が設定したいショートカットも作れるようになりますよ!

 

手始めにCtlr+Alt+Kでショートカットメニューを呼び出します。

パソコンにamazonのKindle for PCが入っていると、Ctrl+Alt+KでKindleが開いてしまいショートカットメニューを呼び出せません。もしKindleが開いてしまう場合は、素直に上部メニューから呼び出しましょう。

呼び出したらさっそくカスタマイズしていきます。

Step1

ショートカットメニューの中断くらいにある検索窓に「フルスクリーン」と入力してみてください。入力するとすぐ下に「フルスクリーンの表示切り替え」と出ているのが確認できます。

Step2

「フルスクリーンの表示切り替え」の右側空欄部分をクリックすると、ショートカットの空ボックスが出てくるので、ボックスが出ている状態でCtrl@を押す。

なぜCtrl@で設定するかというと、このショートカットはデフォルトで空いているので、最初から設定されているショートカットを潰さずにすむから。理由はそれだけなので、自分好みの設定でもんだいありませんよ!

Step3

最後に確認です。

画面上のキーボードのCtrlをクリックすると、キーボード上に書かれたショートカットが切り替わったのがわかりますよね。Ctrlが青くなっている状態で@キーを見ると「フルスクリーンの表示切り替え」と書かれているのが確認できます。

フルスクリーンの表示切り替えでプレビュー確認

最後になんでも良いのでタイムライン上で再生しながらCtrl@を押してみてください。フルスクリーンの状態からCtrl+@で元の画面に戻るところまで確認できれば成功です。

 

僕がよく使うショートカット

 

僕は動画編集が早いわけではないけど、遅いなりに工夫しながら使っています。プロのような編集はできないけど、少しでも早く楽に編集できるように頑張ってます!

 

動画にトランジションをショートカットで設定する方法

決まったトランジションしか使えないのと、オーディオはできない前提で読んでください。

隣り合ったクリップが無い状態からCtrl+Dでクロスディゾルブを単体のクリップに設定できる。このショートカットではオーディオのトランジションは設定できないけど、クリップを単純につないでいく時にはとても便利なんです。

 

複数のクリップを同時に設定したい場合もありますよね?

そういった時にはマウスドラッグで複数のクリップを選択し、先ほどと同じようにCtrl+Dを押せば、すべてのクリップにクロスディゾルブが適用される。また、2つのクリップが隣り合った状態からショートカットを片方のクリップに適用すると、隣になにもない方だけにクロスディゾルブが適用されます。

どういった場面で使えるかわかりませんが、ショートカットの挙動だけは頭に入れておいたほうが良い。

 

オーディオとムービーを同時にトランジション設定するショートカット

ドキュメントなどの音声つき映像を作る時にありがたいのがこのショートカット。

ShiftD

このショートカットを使うと、リンクした映像と音声同時にトランジションを設定できる。にはクロスディゾルブ、オーディオにはコンスタントパワーが設定される。

 

こちらの方法も先ほどと同じように、つながったクリップにShift+Dで同じ挙動になる。

 

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

おすすめなパソコンはデスクトップですが、BTOショップはノートPCも販売しているから、どうしても持ち運びしたいならノートを選ぶのもあり。しかし、デスクトップで30万円前後のPCと同等のものを探すなら、ノートPCだと50万円くらいは覚悟したいところ。

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-DGZ530H4-M2S5

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックスGeForce® RTX 2060 SUPER™
  • メモリ16GB PC4-19200(カスタマイズで32GB以上にスペックアップするのがおすすめ)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

DAIV-DGZ530 iconはクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

パソコン工房のクリエイター向けモデル

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックス GeForce® 2080 Ti
  • メモリ32GB(16GB×2)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

パソコン工房のSENSE-R041-i9K-XYX-CMG [CG MOVIE GARAGE]はCAD向けのBTOパソコンですが、スペック的には動画編集で満足の行くPCとなっている。価格も税込み30万円なので、グラボが最上級のわりには価格が控えめなのが嬉しいポイント。さらにメモリを増設し64GBにすれば、動画編集において不満点はほぼ無いかと。

パソコン工房で探してみる

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました