パネルとグループを理解して好きなツールを呼び出し編集作業を楽に!

Adobe Premiere Proには、ワークスペースとパネルグループ、パネルといった聞き慣れない用語が出てきます。

それぞれの用語を理解すれば、Premiere Proを使いやすくなります。(僕はそうでした)

 

ワークスペースにはパネルグループが並んでおり、パネルグループの中に各ツールのパネルがグループ化しているんです。

このページでは、パネルとパネルグループに焦点をあてて解説しています。

7つのワークスペースでPremiere Pro編集を楽にする方法
ふだん使い慣れないアプリ(ソフト)は使い始めるまでに覚えることが多すぎて大変ですよね。このページではAdobe Premiere Pro CCのユーザーインターフェース(画面レイアウト)の説明をしていきます。Premiere Pro...

ワークスペースとパネルグループ、ツールパネルの関係

動画編集ソフト全般に言えることですが、はじめて使うのに難しく感じるのが、さまざまな編集ツールを使うために画面が難解なことでしょう。

編集画面の理解がすすめば、撮影した映像の編集がやりやすくなります。

僕が最初につまづいたのがここで、どこでツールを探せて、どこにあるのかわからなかったんですよね。

ワークスペースとは

Adobe Premiere Proのワークスペースとは、パネルグループの集合体で、編集作業の種類にあわせたり、自分で使いたいようにカスタマイズすることもできます。ワークスペースはパソコンで言うデスクトップのような存在で、乱雑に配置されるのではなく、きっちりと画面内におさまることで無駄がないようになってます。

ワークスペースにはプリセットで7種類入っています。

編集作業やエフェクト、テロップを入れるのに適したパネル配置など、それぞれの作業に適したパネルとパネルグループが表示されます。

パネルグループとは

パネルグループとは、編集ツールがまとめられているパネルで、パソコンで言えばアプリケーションウィンドウにあたります。

プリセットでは、関係性のあるツールごとにグループ化されているので、タブで切り替えてツールの切り替えを行います。また、右クリックメニューから、グループ化の解除(ドッキングの解除)やパネルグループの設定などが行なえ、ダブルクリックすることでパネルの最大化などもできます。

また、上部メニューから隠されたパネルも表示できるので、見つからない時は「上部メニュ」→「ウィンドウ」から探すこともできます。

Premiere Proにはどんなパネルがあるのか

上部メニューのウィンドウにすべてのパネルがありますが、名前だけ見てもわかりづらいんですよね。

すべてのパネルを開いてひとつづつ確認すれば、どんなパネルがあるのかの理解が深まります。

  1. 「上部メニュー」→「ウィンドウ」→「ワークスペース」→「すべてのパネル」
  2. Alt+Shift+2

1の順に選択するか、2のショートカットを試してみてください。すべてのパネルがワークスペース内に現れます。

パネルをひとつづつ見ていくと、「こんな編集ツールもあったのか!」「Premiere Proってここまでできるの?!」となりますよw

タイムライン(シーケンス)は映像編集すべてに使うので、省略しています。

動画や音声、BGMをタイムラインに載せる最適ツール

  • メディアブラウザー
  • プロジェクト
  • ソースパネル
  • タイムライン

ビデオクリップを編集するのに使うツール

  • エフェクトコントロール
  • エフェクトパネル
  • プロジェクトパネル
  • プログラムパネル
  • エッセンシャルグラフィックス

オーディオクリップの編集に役立つツール

  • オーディオクリップミキサー
  • オーディオトラックミキサー
  • エッセンシャルサウンド

テロップ(テキスト・文字)を入れるのに使用するツール

  • レガシータイトルプロパティ
  • レガシータイトルスタイル
  • レガシータイトルツール
  • レガシータイトルアクション

Adobe Premiere Pro CCの使い方/初心者編

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント