VRChatがおもしろいとの噂があるからPCの推奨スペックを調べてみた

Oculus Quest 2をを予約してからというもの、VR関連をめっちゃ調べまくっている管理人です。すでにVRクラスタ民の知人がいるのですが、聞くところによるとVRChatというコミュニュケーションアプリが、クラスタ形成されていて利用しやすいとの情報をもらった。

VRChatにインするためにはSteam VRを導入しないとダメだし、腰を据えて楽しむにはOculus LinkでPCVRとして使いたい。

そうなると気になるのが母艦となるPCの推奨スペックです。

Steam VRとVRChatの推奨スペックを見比べたところ、Steam VRのほうが低スペックでもできるので、VRChatにあわせPCの構成を決めていけばよさそうです。それではどんなPCのならVRなChatアプリを使えるのかみていきましょう。

マウスコンピューター/G-Tune

VRChatをPC接続で利用する場合のPC推奨スペック

現在のバージョンでVR ChatをPCVRで楽しむには、最低でも以下のスペックをもったPCを使う必要がある。起動できないことはないと思うが、スペックの要件を満たしてないと、アプリが落ちたり動きが悪くなったりといいことはない。

最低スペック

  • OS:Windows 8.1, Windows 10
  • CPU:Intel® i5-4590 / AMD FX 8350
  • RAMメモリ:4 GB RAM
  • GPU:GeForce® GTX 970 / Radeon™ R9 290
  • DirectX:Version 11
  • ネット回線:25Mbps以上の回線速度
  • ストレージ: 21.5GB(OSなどは含まない)

推奨スペック

  • OS:Windows 10
  • CPU:Intel® i5-6500 / AMD Ryzen 5 1600
  • RAMメモリ8 GB RAM
  • GPU:NVIDIA GeForce® GTX 1060 / AMD Radeon™ RX 580 equivalent or greater
  • DirectX:Version 11
  • ネット回線:25Mbps以上の回線速度
  • ストレージ:21.5GB(OSなどは含まない)

ハイスペックPCとまではいきませんが、いまならRTX 2060を搭載したCore i7などがいいんでしょうね。僕のPCはGTX 1080にCore i7 8700Kなので、推奨スペック条件は十分に満たしてるといえます。

推奨スペックのPCはCore i5となっていますが、第6世代CPUとなっていますね。

Intelでいえば第10世代がいまの主流なので、Core i5を積んだノートPCでも十分に動くような要件となっている。グラフィックに関してもコスパ重視ならGTX 1660系にすることで、価格を抑えめにすることが可能。

デスクトップPCなら10万円切りで、ノートPCなら13万円前後の予算があれば問題ない。

VRChatがサポートされているVRゴーグル

PCの他に大事なのが、VRChatに入るためのVRゴーグルの存在です。さまざまなVRゴーグルが販売されていますが、VRChatをやるためには下記のVRゴーグルが必要になってくる。

  • HTC Vive
  • HTC Vive Pro
  • Oculus Rift CV1
  • Oculus Rift S
  • Oculus Quest
  • Oculus Quest 2←現在掲載されていないがサポート対象になっている
  • Oculus Quest Link
  • Valve Index
  • WMR Headsets

VRゴーグルはたくさんありますが、VRChatをやるために大事なのは、Steam VRが動作するVRヘッドセットということ。当然ながらPC接続が前提のゴーグルであればSteam VRが動くので、問題になってくるのはOculus Questで、どうやってSteam VRを動かすのかということ。

もちろんOculus LinkでPC接続すれば難なく動いてしまいますが、そこはやっぱり単体VRゴーグルとしてVRChatを遊んでみたい男心。

Oculus Quest及びQuest 2でSteam VRを単体動作させるために必要なこと

現在Quest 2はまだ販売されていないため、Quest同様の方法でSteam VRを導入し、Steam VRからVRChatを起動できるようになる。また、VRChatをはじめるにはVRゴーグルは必要ないので、パソコンからVRChatの世界に入りたいなら、Steamアカウントだけあれば始められます。

VRChatってなんぞや?と思うなら、SteamからVRChatをインストールし、SteamアカウントでVR世界に入り込めます。

Oculus Quest 2でVRChatをやるのに必要なモノ

Oculus Quest 2(以下OQ2と表記します)でVRChatを動かすためには、いくつか必要なことがあり、OQ2本体だけ買っても仮想世界に入り込むことはできません。それでは何が必要なのかを書き出してみましょう。

VRChatに必要なモノ

  • パソコン(Windous PC)
  • Oculus Quest 2
  • USBケーブル(Type C⇔Type A)
  • スマホ(AndroidかiPhone)
  • Facebookアカウント

まずPCにかんして現在macはサポートされておらず、WindowsからのみVRChatができるようになっています。

「macのパソコンなら持ってるんだけど…」

なんてかたは『Windowsのシリアルコード』と『Boot Camp』というmac上でWindowsを動かすためのソフトを導入してください。macでもできるけど、Windowsでやるよりも不安定になることは覚悟しておいてほしい。

Boot Camp - Apple サポート 公式サイト
Boot Camp を使って Mac に Windows をインストールして使う方法をご案内します。Boot Camp に関するさまざまなトピック、関連情報、お問い合わせ方法についてご案内します。

OQ2は言うまでもなく買ってくださいw

USBケーブルはセットに含まれているのが両側Type Cのものなので、普段のPCに接続する場合はOQ2側がType CでPC側がType Aのものを準備しておくといい。最新のノートPCならThunderbolt端子がType Cと共用だし、デスクトップも拡張カードでType Cを増設するのもあり。もしかすると変換ケーブルでイケるかもしれないので、OQ2が到着したら検証してみたい。

スマホはOQ2を後述する『開発者モード』で動かすために必要になる。

Facebookアカウントに関しては、これから新規でOculusを動かすために必要で、アカウントを持っていないとう起動すらできません。OculusアカウントでOQ2にログインできても、OculusアカウントとFacebookアカウントの統合を求められるので、最終的にはFacebookアカウントが必要になるということ。

VRChat導入手順

それではOQ2にVRChatを導入する手順を解説していきます。

  • OQ2を起動し初期設定を済ましておく
  • Questストア(公式)からVirtual Desktopを購入
  • パソコンにVirtual Desktop Streamerをインストール
  • Virtual Desktop StreamerにOculus Usernameを入力
  • スマホのOculusアプリとOQ2を連動させる
  • OQ2を開発者モードにする
  • Side Quest(外部サイト)からVirtual DesktopのAPKをOQ2に『サイドロード』
  • 自身が開発者として登録しADBドライバのインストール
  • PCとOQ2を接続しVirtual Desktopを『サイドロード』する
  • Steam VRをPCにインストール
  • Oculus PCをPCにインストール
  • OQ2でVirtual Desktopを起動
  • OQ2でSteam VRを起動
  • OQ2でVRChatを起動

かなり手順が複雑に見えますが、ひとつづつ手順を踏めばそれほど難しところはないかと思います。パソコンに不慣れな方は頑張りましょうw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ガジェット
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました