規制対象の重さ200g以上のドローンも許可無しで飛ばせる!

 

ドローンの規制って正直よくわからないですよね。

 

練習しないとうまくなりませんが、「練習といってもどのドローンを買っていいかわからない。。。」となってしまいます。

 

ドローンを選ぶ際に1番のポイントとなるのがドローンの重量

一口にトイドローンといっても様々ですし、機種によっては近所の空き地で飛ばせないなんてことにもなりかねません。

 

それでは規制対象になるドローンの重量と、どこまでが重量に含まれるのか解説していきますが、結論からいうと200g未満と200g以上のドローンで改正航空法の規制対象かどうか決まります。

 

改正航空法の規制は200gが境界線

 

改正航空法は200g以上のドローン(無人航空機)が対象となる法律です。

 

都市部にお住まいの方は近隣が人口密集地なので、屋外で飛行させる場合には200g未満のドローンを選ぶか、河川敷や海岸沿いなどの規制エリアの外で飛行させる必要があります。

 

200g未満のドローンは庭先や近所の空き地などの、規制エリアとされている人口密集地でも飛ばすことはできますが、条例で規制されてなくても公園などはマナーとして飛行させないほうがいいですね。

最悪のケースでは

 

「音がうるさい」「あんな場所でドローンを飛ばしたら危ない!」

 

などと通報されるばかりか、ドローン規制がより厳しくなるおそれがあるので、周りに【人がいない・建物や電線などの接触するものがない】場所での練習を心がけましょう。

200g未満のドローンにも適用される改正航空法以外の規制
ドローンの規制は改正航空法だけではありません。200g未満のドローンが航空法の規制を受けないという意見も散見しています。実際には航空法のDID地区の規制を受けないだけで、高度制限や目視外飛行の禁止などさまざまな制約を受けています。航空法...
2019年になめらカメラがおすすめするドローン最新版!初心者~中上級者向け
ドローンは危険というイメージが強いですが、その反面だれも見たことのない景色を見ることのできるガジェットです。僕も飛ばすまでは「難しいだろうし、大したことないだろう...」と思っていましたが、バードアイと呼ばれる景色を見た時に...

 

カメラやプロペラガードは重量に換算されるのか?

 

ドローンの重量として算定されるのは、飛行させるための最低限のものの重量のみで、ドローン本体とバッテリーの合計だけがドローンの重量としてみられます。

 

空撮用のカメラカメラを固定する器具、危険なプロペラから人や物を守るプロペラガードなども、ネジなどでカンタンに取り外し可能な場合は重量として含まない

ただ、ドローン本体に取り外しできない物が付属していた場合には重量に含みます。

 

詳しくはこちらのページで解説しています。

機体重量で分けられる
ドローンが航空法で規制される基準は機体の重量なんですが、重さの基準は知っていますか?プロペラガードやカメラなどの重量は含むのか?今回は、規制対象になるドローンと、ならないドローンの分け方を解説していきます。規制の有無は機体重量で...

規制がかからないのは200g未満

 

ネットを検索していてよく目にするのが200g以下という表記ですが、正確には199.99g以下で200gちょうどの重量は規制対象となってしまうので注意が必要です。

とはいっても200g前後になるであろうトイドローンは、規制の関係でギリギリ200g未満になっているので、そのあたりの心配はいらないかもしれません。

200g未満のドローンを飛ばすことが出来るエリアと条件
200g未満のドローン(無人小型航空機)は規制対象外だという意見もあるようですが、実際には規制対象なので飛行できない条件や場所をまとめました。200g未満のドローンは改正航空法による規制はうけませんが、その他の一般的な法律や、従来の航空法の

 

飛行練習に向いているドローンとは

 

とにかく練習したい!

といった場合に間違いないのは、ドローンスクール等で練習用に使っているトイドローンを購入すれば間違いないと思いますが、200g未満のトイドローン・ホビードローンでも十分練習ができるので、ひとつの選択肢としても候補にしてみては?

200g未満のおすすめトイドローン

 

屋外でも練習したいなら、大きさ重さがあるドローンを選ばないと、すこしの風で流されてしまい練習にならないので、手のひらサイズのドローンではなく少し大きめのものを選びましょう。下記はすべて200g未満のドローンなので、都市部にお住いの方でも練習に向いていると思います。

屋内(自宅など)で練習したいなら手のひらサイズのドローンがおすすめです。

 

僕が練習用に買ったドローン

 

だいぶ調べて買ったつもりですが、僕が最初に買ったのは200g位上のトイドローンでHoly StoneのHS300というモデルを選びました。

このドローンは重量が500gていどあるのですが、500gもの重量を空に持ち上げるパワーがあっても「今日は少し風があるかな?」と感じるくらいの風速でも流されて前に進まないなんてことがありました。。。

ドローンを練習するときには、できるだけ風が無い日に人がいない場所でこっそりと練習するのがイイですね。あまり考えても前にすすみませんから、とにかく最初のドローンを買ってみて、まずは飛ばしてみるのがおすすめですw

 

Holy Stone hs300の評価とレビュー空撮練習機にピッタリのドローン
ドローンで空撮してたいけど「どんなドローンが良いのかわからない。。。」とりあえず航空法の規制がない200g未満のドローンを選びがちですが、あまり小型のドローンは正直おすすめできません。なんで小さいトイドローンやホビー...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント