実はMavic 2 Proが点検用の産業ドローンとして使われている

産業用ドローンと言っても様々な用途が思いつきますが、中でも保守点検ようのドローンとしても注目されているのがMavic 2Proなんです。

産業ドローンといえばDJIドローンのMATRICE 200シリーズがすぐに思い浮かびますが、先日Mavic 2 Enterpriseも発表されましたね。

MAVIC 2 ENTERPRISEが発表!スペックや購入方法
Mavic 2の発表前にリークしていたMavic 2 ENTERPRISEがDJIから発表されました。機能を追加できるドローンは史上初なのではないでしょうか。そこで気になるスペックや機能の解説と購入方法をご案内します。DJIは産業ド...

そこで、実際に業務としてドローンを使われている方とお話する機会があったので、その時に聞いた内容を紹介していきたいと思います。

Mavic 2 Proを屋根や外壁、風車点検などに使われている

保守点検と言ってもさまざまで、実は意外にも特殊な装置は必要ないことがほとんどで、写真撮影できるだけでも十分な場合が多いんです。

産業用といえばサーモカメラやズームカメラを思い浮かべるでしょうが、点検業務を行うのにMavic 2でも十分な性能があります。

 

なぜMavic 2 Proを導入したか伺ったところ。。。

「28mmというPhantomより狭い画角と、2000万画素あれば十分なところ」

だそうです。

 

Mavic 2 Zoomを選ばなかった理由

一見するとMavic 2 Zoomの方がよさそうに見えますが、ズームできる1200万画素よりも1インチセンサーで高画質な2000万画素を選んだそうです。

実際の点検現場では、引きで撮影した後に10mスパン程度の間隔で撮影しているそうですが、ズームの必要性は感じないそうです。もちろん点検対象によるのでしょうが、屋根や外壁、風車の羽などであれば、現状Mavic 2 Proで十分なんだとか。

また、ズームしすぎると不良箇所が行方不明になるから、少し広角くらいでちょうどいいんです。

Matrice 200やInspire 2も運用しているそうなんですが、Mavic 2 Proが運搬にも狭い場所での運用でも有利なため、発売以降はMavic 2 Proの出番が増えたようです。

なぜ産業用ではなく中型ドローンのMavic 2を使うのか

工場や倉庫の屋根などを点検しているそうですが、大型ドローンなどだとコントロールを失った時に怖いんだとか。

工場や倉庫の外装は金属が多いため、送信機からの電波が乱反射し、最悪のケースでは強制的にATTIモードに入ってしまい、GPS制御ができません。そうなってくると、風の影響を受けながらの飛行となるので、ここでも小ささが有利に働いているようなんです。

Mavic 2 Enterpriseについても聞いてみた

お話を伺ったかたの業務では、Mavic 2 Enterpriseの必要性は感じていないようで、スポットライトやスピーカー、ビーコンなどにも魅力は感じていない。

やはりEnterpriseモデルは特殊で、捜索や警備系の産業ドローンのイメージとなります。

また、産業系のPhantom 4 RTKモデルにかんしても、よほど単価の取れる測量系じゃないと導入は難しいとのこと。

注目はDJI GS ProがMavic 2シリーズに対応したこと

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント