どんな動画編集をしたいかによっても必要なPCスペックは変わってくる

動画編集とひとことで言っても、どんな編集をやりたいのかでも必要になってくるパソコンのスペックが変わってきます。動画編集にも種類があるから、どんな映像を作りたいのか?ということを自分の中で明確にしておいたほうが、新しいパソコンを購入する目安にもなるので、迷っているかたは最後まで読んでみてください。

マウスコンピューター/G-Tune

動画の編集方法にはどんな種類があるのか

動画編集とは静止画や映像を組み合わせたり、エフェクトと呼ばれる特殊効果やVFXと呼ばれる非現実的な映像表現まで、いろんな編集方法が存在している。どういった動画編集をやりたいのか明確にするためにも、どんな種類の編集があるのかみていきましょう。

僕が使っているPremiere Proでも以下に紹介していく編集はすべてできます。

After Effectsでも編集はできますが、映像素材を時間軸でつなぎ合わせるのはPremiere Proが得意。

フォトムービー

ちょっとしたテクニックを知っているだけでかんたんに作れてしまうのがフォトムービーである。また、PCのスペックが低くても負荷がかかりづらいから、これから編集をはじめるかたや、初心者が動画編集になれるのにも丁度いいと思う。

フォトムービーの作り方は、BGMにあわせて静止画を自動配置し、拡大縮小やぼかし、移動などを組み合わせるだけ。かんたんなエフェクトに慣れるためにも、動画編集初心者のかたこそ挑戦してみてほしい。

オープニングムービー系

オープニングやエンディングなどBGMに合せたような、Youtubeでよくみる系統の映像を編集する方法。

ジングルと呼ばれる短いBGMに、音楽で言うサビみたいに決定的な瞬間を連ねるだけで、見ているひとの興味を引くような映像に仕上げられます。Youtbeをやっているような方であれば、ぜひとも覚えたい編集ですね。

ミュージックビデオ

上で紹介している「フォトムービー」や「オープニング系」ができれば、時間をかければ誰でも編集できるようになります。

ざっくりと編集方法を箇条書きで紹介しておきますね。やり方は二通りあって、BGMに合せてマーカーを打ちオート編集する方法と、新規クリアクリップに編集ポイントを作成して映像を装入する方法。僕は後者の方法をオススメしていて、サムネイルで確認しながら入れられるから、MV作成などに慣れていないかたでも編集しやすいところ。

ここではマーカーからの自動編集を箇条書きしていきますね。

  1. BGMを再生しながらマーカーを入れていく
  2. 挿入したい映像にイン・アウトを設定しておく
  3. 映像の順番を入れ替え挿入したい順にしておく
  4. オート編集機能をつかい動画クリップをタイムラインに入れる
  5. トランジションやエフェクトを設定し完成

おおよその手順ですが、機能を理解してればコレだけでもできると思う。興味があれば下記リンクの作り方を参考にやってみてください。

エフェクトを多用した映像作品

映像作品のようなスムーストランジションやワープトランジション、スピードランプなどで装飾したりと、編集としては重たい作業になります。高いPCスペックがないとプレビューもままならないので、動画沼にどっぷりと浸かっているかた以外にはおすすめできない編集ですねw

ハイスペックな動画編集に適したパソコンを使っていても、エフェクトのプレビューがコマ落ちしたりする。RAMメモリの搭載量や高性能なdGPUで改善することもあるけど、ハイエンドクラスのパソコンでも編集はかなりきつくなる。

SF映画のようなVFX

VFXを使った編集は僕も未知の領域で、いったいどれだけのスペックがあれば快適な作業ができるのか…After Effectsなどのソフトを使い、映像に現実ではありえないアニメーションを追加したりと、パソコンの負荷はかなり高くなるかと…

この領域になってくると、ワークステーションと呼ばれる仕事としての動画編集に特化したパソコンが必要になってくるんでしょうかね?

VFXを使った編集をするなら、動画編集のスキルだけじゃなくフォトショップやイラストレーターなどのソフトも使えるようにならないといけません。

まとめ

いろんな編集ほうほうを紹介してきたけど、ちょっとしたエフェクトを使う程度なら動画編集向けパソコンを買っておけば問題ない。もちろん編集に使う動画の解像度にもよるけど、FHDまでの編集ならdGPUをGTX1660以上が内蔵されていれば問題ありません。

4Kで編集したいなら、ノートPCではなくデスクトップのハイエンドクラスじゃないと編集は厳しいです。

動画編集は覚えることもたくさんあるし、お金もかかるしでカメラ沼がかわいく見えてきますw

動画編集を楽にするおすすめのデスクトップパソコン

おすすめなパソコンはデスクトップですが、BTOショップはノートPCも販売しているから、どうしても持ち運びしたいならノートを選ぶのもあり。しかし、デスクトップで30万円前後のPCと同等のものを探すなら、ノートPCだと50万円くらいは覚悟したいところ。

マウスコンピュータのクリエイター向け「DAIV」シリーズ

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-DGZ530H4-M2S5

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックスGeForce® RTX 2060 SUPER™
  • メモリ16GB PC4-19200(カスタマイズで32GB以上にスペックアップするのがおすすめ)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

DAIV-DGZ530 iconはクリエイター向けのシリーズで、動画編集や写真現像に適したモデルとなっています。 ご紹介しているのは、中でもコスパに優れたモデルで、この構成をカスタマイズすれば良い感じに動画編集用に仕上がります。 カスタマイズ箇所としては、やはりメモリの増設ですね。 最低でも32GB積んでおけば快適な動画編集環境を手に入れることができますよ! マウスコンピュータで見てみる

ドスパラのクリエイター向けPCのraytrek

  • OSWindows 10 Home 64ビット
  • CPUインテル® Core i7-8700
  • グラフィックスGeForce GTX1050 Ti
  • メモリ16GB DDR4 SDRAM
  • 電源500W 【80PLUS® BRONZE】

ドスパラのraytrekのおすすめポイントは、僕とほぼ同じ構成でも価格が控えめなところ。 CPUの性能も良く、グラボも1050tiなので最低限の編集は快適におこなえます。僕が確認した次点では、240GBのSSDが無料プレゼントになっていたので、WindowsをSSDに入れて素材をHDDにいれれば動画編集にもってこいのパソコンになりますよ! このスペックで物足りなくても、Core i9搭載のパソコンも選べるから、1回は見ておくべきだと思います。 ドスパラでパぞコンを探す

パソコン工房のクリエイター向けモデル

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • インテル® Core™ i9-9900K
  • グラフィックス GeForce® 2080 Ti
  • メモリ32GB(16GB×2)
  • 電源700W 【80PLUS® BRONZE】

パソコン工房のSENSE-R041-i9K-XYX-CMG [CG MOVIE GARAGE]はCAD向けのBTOパソコンですが、スペック的には動画編集で満足の行くPCとなっている。価格も税込み30万円なので、グラボが最上級のわりには価格が控えめなのが嬉しいポイント。さらにメモリを増設し64GBにすれば、動画編集において不満点はほぼ無いかと。

パソコン工房で探してみる

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
動画編集用パソコン
スポンサーリンク
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました