MAVIC 2 ENTERPRISEが発表!スペックや購入方法

ニュース

Mavic 2の発表前にリークしていたMavic 2 ENTERPRISEがDJIから発表されました。

機能を追加できるドローンは史上初なのではないでしょうか。そこで気になるスペックや機能の解説と購入方法をご案内します。

DJIは産業ドローンのPhantom 4 RTKを発表したばかりなので、これから産業系のドローンにもより力を入れていく証でしょうね。

DJI公式サイトにMavic 2の画像が掲載されていますね。お漏らししたようですw
ついにDJI公式サイトがお漏らししてMavic2の公式画像を掲載してしまいました!こんかいのリーク元はMavic Airの公式ページで、まさかの公式サイトからリーク画像です。公式リーク画像から読み取れるMavic Pro後継機の姿...

Mavic 2 ENTERPRISEとはどんなドローンなのか

Mavic 2 ENTERPRISEバージョンはMavic 2 Zoomがベースのドローンで、産業用ドローンとしての機能を充実させたドローンなんです。特に気になる機能などを網羅しておきます。詳しい内容はMavic 2 ENTERPRISEの公式ページに行けば確認することができますよ。

主な新しい機能は

  • ドローンをパスワードで保護
  • モジュラーアクセサリーによる機能追加
  • DJI AirSenseによる航空機との干渉防止
  • 新しいコントロールアプリのDJI Pilotを初めて採用
  • ドローンからの情報を一括管理ができるDJI FlightHubにも対応
  • 自己発熱バッテリーで寒冷地でも正常に飛行できる
  • 動作温度は-10℃~40℃
  • Universal Editionを購入すればスピーカーやスポットライト、ビーコンがセットとして同梱されている

僕が特に気になったのが自己発熱バッテリーの存在で、-10℃でも飛行を続けられます。北海道の道南であれば年中通して飛行できるレベルの耐低温性能があるんですね。この機能はInspire以上のドローンにしか採用されていないので、Mavic 2後継機では実装して欲しい機能です。

購入はDJIもしくは産業系ドローンの取扱代理店への問い合わせから注文するようです。販売代理店はマップで場所を確認できるので、お近くの販売店を探すこともできるようになっている。

Mavic 2 ENTERPRISEのページ最下部に入力すれば、担当チームから連絡が来ます。

気になるスペック

基本性能はMavic 2 Zoomなので、こちらもあわせて確認してみてください。

Mavic 2 ProとZoomが最高におすすめ!スペック比較でどっちを選ぶ?
ついに発表されたMavic2ですが、予想どおりの2機種同時発表でしたね。 1インチセンサーのMavic 2 Pro 1/2.3インチセンサーのMavic 2 Zoom上記の2機種が発表されましたが、画質を求めるなら...

気になるスペックや機能を紹介

Mavic 2との違いを抜粋すると

  • 自己発熱バッテリーの採用
  • モジュラーアクセサリー(追加デバイス)
  • セキュリティや安全面で進化
  • 専用アプリのDJI PILOT
機体重量 905g
動作温度 -10℃~40℃
(自己発熱バッテリーの採用)
ズーム機能 高額2倍:デジタル3倍
センサーサイズ 1/2.3インチCMOS
有効画素数:12MP
セキュリティ機能 パスワードロック
安全性能 DJI AirSenseによる航空機との干渉防止
追加デバイス スポットライト
ビーコン(閃光灯)
スピーカー
内蔵メモリー 24gbの内部保存が可能
対応アプリケーション DJI PILOT

Mavic 2 ENTERPRISEの用途

いったいどんな業務に向いているかというと

  • ズーム機能を利用した各種点検保守作業
  • スピーカーによる呼びかけ(救助活動や連絡に活用)
  • スポットライトで暗闇でも30m先まで照らせる(救助活動:作業補助)
  • ビーコンによるドローン機体の認識力アップ(位置確認:要救助者からも見つけやすい)

Phantom 4 RTHは主に測量や土木関連の機能強化版でしたが、Mavic 2 ENTERPRISEの場合はより活用範囲が広がったイメージです。ドローンを活用して人が立ち入れない場所へ、眼や手足となって働いてもらうと考えればイメージしやすいかもしれません。

外部機器はMavic 2 ENTERPRISEとmicroUSBで接続するようになっている。

M2E スポットライト

サイズ 68x60x41 mm
ポートタイプ USB Micro-B
動作範囲 30 m
電源 最大 26W
照度 FOV17°、最大:11ルクス @ 直線30m

スポットライトを活用することで人が立ち入れない場所から照らしたり、高所作業の補助灯としてや、緊急点検業務にも使えそうです。今までのドローンの概念を0から作っていく力がMavic 2 ENTERPRISEにはあるように感じます。

M2E ビーコン

サイズ 68x40x27.8 mm
ポートタイプ USB Micro-B
電源 平均 1.6W
操作可能範囲 5000 m
光強度 最小角度:55 cd、
光強度:157 cd

衝突防止ビーコン(白色閃光灯)を使えば、離れた場所で作業中の別のパイロットからも確認でき、夜間ミッションにさらなる安全性を確保できます。また、要救護者からの視認性もいいので、救護者から見つけやすいメリットもありそうです。

※夜間飛行については、国土交通省が定める飛行ルールを遵守してください。

M2E スピーカー

サイズ 68x55x65 mm
ポートタイプ USB Micro-B
電源 最大 10W
音圧レベル 100 db(距離1 m)
ビットレート 16 kbps

ドローンは操縦者から離れて飛行しているため、救護者や作業隊員へは声が届きません。的確な指示を伝えるためにも必要な機能です。

操作チームと捜索隊などとのコミュニケーションツールと言えます。

また高所作業中にも活用できそうですね。

詳しい購入方法

購入はDJIもしくは産業系ドローンの取扱代理店への問い合わせから注文するようです。販売代理店はマップで場所を確認できるので、お近くの販売店を探すこともできるようになっている。

Mavic 2 ENTERPRISEのページ最下部に入力すれば、担当チームから連絡が来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント