格安VRゴーグルのOCULUS QUEST 2を予約してしまいました(笑)

以前からVRに興味があり、いつかうの?という心理状態でしたが、OCULUS QUEST 2があまりにも安すぎたのでポチってしまいました。(笑)価格は3万7千円くらいなので、HTCのVIVE Cosmosや同じOCULUSのRift Sよりも安く購入できます。

あとで詳しく書きますが、PCに接続しなくとも使えるので、単体VRゴーグルとしても優秀だったりする。

それでは、僕がなぜOCULUS QUEST 2に決めたのかもまじえつつ、メリットやデメリットなども書いておく。まぁ、1番の理由は価格なんですけどねw

マウスコンピューター/G-Tune

VRゴーグルとは

VRゴーグルはHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)に、ヘッドトラキングセンサーやハンドトラッキングセンサーが付いたもので、手に持つコントローラーも付属している。ゴーグル内の映像は頭の動きにあわせ変化し、映像の中に自分が存在しているかのような没入感が得られる。

すぐれたVRゴーグルであるほど没入感が高いため、仮想現実の中で高いところから落ちると、内臓が浮くような感覚もあるようだ。

似たようなものにMR(Mixed Reality:現実と仮想のミックス)とAR(Augmented Reality:拡張現実)があり、VR(Virtual Reality:仮想現実)は完全なる仮想世界を見るためのゴーグルとなっている。個人的にはMRゴーグルが実用化されれば、マトリックスごっこができそうな予感はありますが、まだ遠い未来の気もします。

このページを書いているだけでも、はやくOCULUS QUEST 2を装着したくなってくる。

追記:とりあえず調べた範囲で書きなぐっています。

Oculus Quest 2で何ができるのかメモ
あまり下調べをせずにOculus Quest 2を予約したわけですが、VRゴーグルで何ができるのかをまとめておきたい。映画館のような大画面で映画を見れたり、VRゲームができることはわかっていますが、他にどんなことが出来るのかを調べながらメモ...

普及価格帯のVRゴーグルを比較してみる

それなりに興味があったので多少は調べていましたが、記憶の整理ついでにあらためてVRゴーグルの比較をしておきたい。

QUEST 2 VIVE Cosmos Rift S
PC接続 単体使用可 必須 必須
トラッキング 6DoF 6DoF 6DoF
解像度(片目) 1832 x 1920 1440 x 1700 1,280×1,440
リフレッシュレート 最大90Hz 80Hz 90Hz
メガネ使用
価格 ¥37,100 ¥98,870 ¥49,800

OCULUS QUEST 2

QUEST 2は価格が安いだけじゃなく、普及価格帯のVRゴーグルとしては解像度もずば抜けて高いのが特徴。さらにPC接続が必須ではないので、QUEST 2単体でもVRゴーグルとして機能するのもすごい未来感があります。

QUEST 2のリフレッシュレートは、発売当初は72Hzで動くそうですが、アップデートで90Hzに対応予定と鳴っている。ハードウェア的には90Hz駆動が可能なので、あとはソフト側の問題ということですかね。

こうして表にしてみると、QUEST 2の高いコストパフォーマンスが際立ちます。

HTC VIVE Cosmos

VIVE CosmosはQUESTよりもグレードが上の製品ですが、最新の製品であるQUEST 2には解像度で負けている。しかし、グレードが上なだけあり、ゴーグルの跳ね上げやヘッドフォン標準装備など、QUESTシリーズにはない装備が充実している。

また、オプションも豊富で最高のVR体験ができるのはいうまでもない。

それでもPC接続が必須なところがVR初心者には敷居が高く感じられてしまう。

OCULUS Rift S

HTC VIVEと同じようにPC必須な時点でQUESTとはお手軽度が違いすぎる。

低価格なVRゴーグルであることにはかわりないが、単体使用できない時点でQUEST同等の機能では魅力が薄いと感じる。HTC VIVEのような機能性などの優位な部分がないかぎりは、QUEST 2が登場した以上買うことは無いと断言できる。

なぜいまVRゴーグルを買うのか

僕がなぜいまさらVRゴーグルを買おうかと思ったかというと、いちばん大きいのは価格的なぶぶんと手軽さでしょうね。もともと興味はあったので楽しみではありますが、どう使うかはこれから調べていく感じです。(汗)

  • 手に入れやすい価格に
  • 解像度が上がりキレイなVR映像で遊べる
  • PCに接続しなくても単体VRとして使える
  • PCに接続しGPUを使った重たいVRにも対応
  • リフレッシュレート90Hz対応でVR酔いしなそう
  • とにかくVRを体験してみたい!

買う理由を上げてみましたが、単純に価格が安いのと手軽さ、『VR童貞を捨てたい!』というのが見て取れますね。(笑)

VRゴーグルはイノベーターしか使っていないですが、家庭用として普及してくればVRで匿名SNSや、映画館に行かずとも自宅映画館など、使える部分が出てくると思います。個人的にはMR(仮想と拡張のいいとこどり)が有力な気はしますが、まだまだ発展途上の技術なのです。

とりあえずは古典的なVRゴーグルで仮想空間を体験してみます!とても楽しみなのですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ガジェット
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました