-20℃でも使えるMavic 2の新しいプロポDJI スマート送信機が登場

DJIは、CES2019でドローン用の新しい送信機「DJI スマート送信機」を発表しました。2019年1月8日より販売かいししており、価格は税込みで83,700円となっています。

DJIスマート送信機は、耐寒性能や屋外でのディスプレイの見づらさ、撮影結果の確認など、いままでの送信機よりも多機能です。

Mavic 2の送信機にCrystalSkyのディスプレイを組み合わせたような送信機ですね。

 

外部ディスプレイの出力にも対応しているので、大きい画面でクライアントに確認してもらうこともできます。

 

僕の想像ですが、DJIはスマート送信機をMavic 2 Enterprise向けに開発したのではないでしょうか。

-20℃の耐寒性能映像の外部出力がものがたっています。

マウスコンピューター/G-Tune

DJIスマート送信機の特徴

 

  • -20℃~40℃までの環境性能
  • 5.5インチの1080p内蔵ディスプレイは輝度1000 cd/m2(CrystalSkyモニター同等)
  • HDMIポートからの映像出力が可能でH.264およびH.265コーデックの4K/60fps動画を再生できる
  • OcuSync 2.0 フルHD動画を保存可能
  • microSDを挿して空撮映像の確認ができる
  • DJI GO 4アプリの新機能Go Shareを使ってスマホに写真や映像を転送できる
  • 新機能SkyTalkでFacebookやInstagramなどのSNSでライブ配信(近日公開)
  • モバイル端末なしでも飛行可能
  • あらかじめダウンロードすればオフラインマップも使える

 

DJIスマート送信機が対応しているDJI製ドローン

 

現在はMavic 2 Pro/Zoomのみの対応で、今後のアップデートでMavic 2 Enterpriseにも対応予定

 

Phantom 4 Pro V2.0がDJIストアで欠品なところを見ると、Phantom 4後継機でレンズ交換式と噂されるPhantom 5の登場も近いのかもしれません。

そうなてくると気になるのが、Phantom 5にも対応するのか?といったところでしょうか。

Phantom系のプロポ(送信機)はサイズも大きく不評なようなので、新型Phantomでは小型の送信機が求められています。DJIスマート送信機にはHDMI出力もついているので、新型Phantomで対応したら人気がdえるかもしれませんね。

 

見慣れないボタンが追加されている?

 

Mavic 2の新しい送信機を見ていて気になったのが、送信機の右上と左上にボタンが追加されているところ。

何に使用するのか気になったので調べてみました。

2番と11番のボタンが追加されているもので、2番は「戻る」となっているので、ブラウザやサードパーティー製アプリ(Google Playアプリ)で使用するのかも?

11番にかんしては、C3(3番目のカスタムボタン)に設定されているようです。

他にもHDMIポート(出力)やmicroSDカードスロットも追加されています。

充電はUSB-Cの差し込みに変更されていますね。

スティックの収納場所も背面に変更され、給排気口も拡大されています。

 

DJIスマート送信機のまとめ

 

送信機としてはとても魅力的で、僕の住む北海道では寒さでスマホがシャットダウンしてしまうこともあります。そんなときに-20℃対応のスマート送信機なら、iPhoneをポケットに入れテザリングで飛行させれば安心できそうです。

 

先日もMavic 2を飛ばしていたら、画面が真っ暗になり目視で着陸させましたからねw

しょうじき焦りましたw

 

8万円強という価格がネックですが、導入する価値はあるかもしれませんね。

試しに購入するには軍資金が足りませんがw

寒い時にはホッカイロを使えば対策できるかも?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました