AdobeのアップデートでCreative CloudがLUMIX S1/S1Rのrawデータを現像できるようになった

先月の23日に販売開始されたPanasonicのLUMIX S1ですが、SILKYPIX Developer Studio SEでしかraw現像できませんでした。今回Adobeが実施したアップデート(Adobe Creative Cloud CCが2019年4月3日のアップデート)により、Camera RawでLUMIX S1およびS1RのrawデータのRW2に対応しました。

これによりAdobe Lightroom CCとPhotoshop CCでLUMIX S1/S1Rの現像ができるようになります。

まだAdobeのサポートでは正式に発表されていないようですが、僕の環境で現像できたので間違いないかと。

 

Camera Rawを使っている身としては、SILKYPIXで現像してからTiff保存をし、そこからPhotoshopでCamera Rawフィルターを使い現像するのは面倒なんですよね。

今回のアップデートしてくれたおかげで、PhotoshopやLightroomで現像してみて、「やっぱりAdobeだな…」となりましたw

Adobe CCを安く使いたいなら社会人OKの学割を使えばいい
PhotoshopやPremiere Proを使いたくても、Adobeのソフトって高いんですよね。以前は買いきりで20万円(コンプリートプラン)だったものが、今はサブスクルプションになり、月額5,680円で使える。(2019年1月9日...

 

SILKYPIXで現像するよりも、遥かに細かく調整できるので、今後もAdobe教に入信しつづけます。

こちらでLUMIX S1の開封レビューもしています。

Panasonic Lumix S1の開封レビューしつつのファーストインプレッション!
こんにちは、なめらカメラの中の人です。先日販売開始されたPanasonic Lumix S1が、なんと僕の目の前にあるではないですか!(わざとらしく)購入したのはLumix S1(DC-S1)レンズキットで、発表日に予約していた...

ハンズオンレビューはこちら

Lumix S1のハンズオンレビュー!で気になっていることをテストしてみる!
ハンズオンレビュー用にLumix S1の気になるところをリスト化しつつもレビューしていきます!現在少しづつテストをして追記しています。もし何か「こんなテストをしてもらいたい」などありましたら、コメントから教えてください。ファ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント