Lumix S1の発表について「なめらカメラ」が思うこと

 

2019年2月1日の20:00頃(日本時間)ついにPanasonic Lumix S1とS1Rが正式発表されました。

 

2018年9月のフォトキナで開発が発表されてからというもの、当初GH5sかBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kのどちらかを買う気満々でいたのに、Lumix S1が気になってしょうがありませんでした。(笑)

【フォトキナ】パナソニック、35mmフルサイズミラーレス「S1R」「S1」開発発表 Lマウント交換レンズ3本も予告
パナソニックは、フォトキナ2018前日のプレスカンファレンスで、35mmフルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S1R」「LUMIX S1」を開発発表した。2019年初頭(Eally 2019)に登場予定としている。

Lumix S1はハイブリッドカメラになっていたか?

 

正直なとこ、Lumix S1のスペック次第でGH5sを買うかどうかを悩んでいました。

 

発表を見た僕の感想は、GH5sよりも写真機よりなのかな?ってかんじですね。

この映像を食い入るように見ましたが、はやく日本国内でも正式に発表していただきたいところ。

 

Lumix S1の動画性能

  • 4:2:2 10bit 4K/30pを内部収録できる(後日ソフトウェアアップグレードキーで対応予定)
  • 4K/60pはATOMOS NINJAなどの外部レコーダーにもHDMI経由で出力できる(後日ソフトウェアアップグレードキーで対応予定)
  • 4K60pの映像を撮影する時にはAPS-Cサイズにクロップされる?(公式発表は無し)
  • XQDとSDのダブルスロット

海外のサイトを徘徊しましたが、4:2:2 10bit 4K/60pをALL-Intraで撮影できるのかの言及はありませんでした。(外部レコーダー含む)素直に読むと外部レコーダーに出力できる映像は、4:2:2 10bitと読めますが、海外サイトで言われているように1.5倍ていどのクロップされた映像なんでしょうね。

Panasonicのことだから、4K60pでもALL-Intraでの撮影に対応していると思いますが、もしかしたらGOPのみということもあるかもしれません。4K60pをうたうのであれば、クロップされていてもいいからALL-Iにも対応していてほしいですね。

このあたりのことは、Lumix S1の仕様が発表されればわかりまsね。(早くして欲しい)

 

写真カメラの性能としては文句なし

 

スポーツ撮影をする方には物足りないかもしれませんが、なめらカメラ的にはスペックはこれで十分かと。

  • 576万画素の有機ELのEVFでリフレッシュレートは60fps以上
  • ピント固定で9コマ/秒 AF追従で6コマ/秒の連続撮影
  • 9600万画素のハイレゾ撮影
  • 5段分以上の手ぶれ補正

これだけあればもう十分です。

写真機としての性能は申し分ないですね。特に高詳細でリフレッシュレートが高いEVFのメリットは計り知れないでしょうね。

 

とにかく欲しい!

 

スペックなどを追いかけましたが、とにかく欲しいの一言ですね。(笑)

いまだフルサイズの一眼カメラを持っていないということもあり、そろそろフルフレームデビューしたいと思ってたんです。

ただ、個人的にはフルサイズカメラのサブはMFTだと思うので、両方共PanasonicになるのはCANON党として少し寂しくなります…

 

一眼動画に目覚めてからは、GH5sを買う気まんまんでしたが、Lumix S1も候補になりました。

Lumix S1の出来によっては、サブ機をBMPCC4Kという贅沢なチョイスも考えていますよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント