Mavic 2 ProのDJI標準LUTが公開されている

待ち望んでいたかたも多いのではないでしょうか。DJIがMavic 2 Proの純正LUTを公開しています。

タイミングよく公開されたので、Youtubeの方へMavic 2とLUTのテストを兼ねて動画を公開しているので、興味があればDLog-Mへ標準LUTをあてたものを見てください。

マウスコンピューター/G-Tune

Mavic 2のDJI公式LUTをダウンロードする

DJI公式サイトへいきMavic 2のページからダウンロードへ進み、ソフトウェアの4つ目、一番下にある”DLog-M to Rec709 LUT”がMavic 2のDJI標準LUTとなります。

DJI Mavic 2ダウンロードページ

DLog-M to Rec709 LUT←こちらで直接ダウンロードできます。

DLogで撮影した映像にPremiere ProやDaVinci Resolve、Final Cut ProでLUTを適用すれば見違えるような映像になります。

空撮動画をシネマティック映像にするにはカラーグレーディングが最適
Youtubeなどでみる海外の空撮映像はなんだか雰囲気が違いますよね。ドローンで撮影しただけではもったいないので、ぜひともカラーグレーディングに挑戦してシネマティックな映像に仕上げてみては?以前Youtubeにアップした動画をぜひご覧く...
空撮動画を無料で編集するならDaVinci Resolve以外に選択肢はない
動画の編集ソフトって悩ましいですよね。ほぼすべての編集アプリが有料なのに、動作は重いしやりたいこともできやしない...今回おすすめしているDaVinci Resolveというアプリは、僕がつかっているPremiere Proなみに高機能...

Mavic 2標準LUTを使ってみた感想

室蘭の夜景をMavic 2 Proで撮影!DLog-M to Rec709 LUTのテストも兼ねています!

こちらの動画はMavic 2 Proを使いDLog-Mで空撮したものに、AdobeのPremiere ProでDJI純正のLUTをあてた映像です。

実際に使用した感じだと、少し彩度が高いかな?といった印象です。YouTubeへアップしている映像は、調整レイヤー(元の映像を編集しないで色味などを調整する方法)を使いLUTをあて、彩度を少し下げています。

彩度を上げた映像はパッと見キレイなんですが、少しくどいんですよね。

今回使ってみて、今まではDLog-Mの設定はスタンダードで撮影していましたが、これから標準LUTを使うのであれば、少し彩度を落として方が良いのかな?

これからはDLog-Mでの撮影でも映像確認がしやすくなる

標準LUTもニュースでしたが、DJI GO 4のアップデートでDLog-M撮影時のカラーレンディション(手元のモニタにLUT適用のカラー表示が可能)になりました。実際に確認してみたところ、仕上がりイメージがそのままスマートホンに映るので撮影がかなり楽になりますね。

比較動画もYoutubeへアップしたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ニュース
スポンサーリンク
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました