amazonのフォトプランが高くなっている?だがしかし、Adobe公式ならまだある!

「なにやらLightroomというAdobeのアプリが良いらしい」というのを聞いたことありますよね?Adobeは世界最大のクリエイターアプリ企業で、印刷物などがパソコンで作られるようになってからは、Adobe一択と言われるまでになりました。

 

写真を撮影するときに「rawファイル」という形式で撮影し、あとから色などを調整するためにLightroomやPhotoshopを使っているんです。

通常2480円のPhotoshopと980円のLightroom、20GBのクラウド保存ができる「フォトプラン」が有名なんです。しかし、amazonから月額換算980円のフォトプランが無くなってしまったんです。

CreativeCloudとは

以前は買い切り型のアプリ(Creative Suite)でしたが、2013年5月7日に発表された「CreativeCloud」からはサブスクリプションとなり、年間または月間せいのアプリケーションとなりました。月額5680円のコンプリートプランに加入することですべてのAdobeアプリケーションを利用することができます。

 

学生じゃなくても学割価格でつかえます!
Adobe CCを安く使いたいなら社会人OKの学割を使えばいい。もちろん商用利用も大丈夫!
PhotoshopやPremiere Proを使いたくても、Adobeのソフトって高いんですよね。以前は買いきりで20万円(コンプリートプラン)だったものが、今はサブスクリプションになり、月額5,680円で使える。(2019年1月9日か...

コレを機にコンプリートプランに乗り換えるなら、社会人でも使える学割がおすすめです!

マウスコンピューター/G-Tune

amazonで安いフォトプランが無くなっている!

海外ではAdobe公式サイトでも最安プランが$20~になっているようで、早い段階で日本でも毎月1980円~(年払い23760円)になるおそれがあります。

それを裏付けるようにamazonの12ヶ月版サブスクリプションが23,760円に価格改定されています。

amazonレビューを見るとわかりますが、現在980円のフォトプランを利用する場合は、Adobe公式サイトからのみとなっています。

 

 

現在のフォトプランがいつまで続くのかはわかりませんが、日本だけ特別扱いされているようなので、いづれ1980円の1TBサービスになるでしょう。

価格改定される場合は、Adobeから公式アナウンスがあると思います。

 

Adobe公式サイトの価格を見てみると、両方のプランが選択できるようになっています。

 

Adobe公式サイトではキャンペーンをやっている

を行っており、通常1980円の1TBクラウド付きプランを月額1480円で使えるキャンペーンが発表されています。このキャンペーンを利用できるのは、すでにフォトプランを利用している方のみで、新規に申し込むことはできません。

Adobeのキャンペーン価格は1年間のみの価格となっています。

すでに「フォトプラン」に加入しているかたで、クラウドを効果的に使っているなら、キャンペーンプライスがお得かもしれませんね。

 

この機会に社会人学割が1番損せずに使えるんですけどね。

Adobe CCを安く使いたいなら社会人OKの学割を使えばいい。もちろん商用利用も大丈夫!
PhotoshopやPremiere Proを使いたくても、Adobeのソフトって高いんですよね。以前は買いきりで20万円(コンプリートプラン)だったものが、今はサブスクリプションになり、月額5,680円で使える。(2019年1月9日か...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ニュース
スポンサーリンク
なめらカメラをフォローする

なめらカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました